うつ病改善の為のお役立ち情報・うつの種類を知る|生駒市の整体院

 
生駒市の自律神経専門整体院から、
 
うつ病改善の為のお役立ち情報・うつの種類を知る
 
 
ここでは、鬱(うつ)病でお困りの方に、少しでも状態が向上する為に、
有効と思われる「知識」をご紹介します。まずは、画面を見過ぎて疲れないように、
休憩を入れながら、ゆっくり読み進めるようにされて下さい。

「うつ病改善の為のお役立ち情報」としては、全5ページ御座います。
このページは2ページ目として、以下の内容でお伝えします。

このページの目次

・うつ病の主な種類を知る「目的」
・うつ病の主な種類について
・「OLうつ」の1つの事例
・「妊活うつ」の1つの事例
・「産後うつ」の1つの事例
・「ダイエットうつ」の1つの事例
・「サラリーマンうつ」の1つの事例
・「自営業者うつ」の1つの事例
・「先生うつ」の1つの事例
・「仮面うつ」の1つの事例
・「長年のうつ」の1つの事例
・「更年期うつ」の1つの事例

以上の流れで順に進めて参ります。
できるだけ飛ばさずにゆっくりとご覧ください。

                 生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

・うつ病の主な種類を知る「目的」

 
うつ病から元気になる為に「うつの種類を知る」
 
 
様々な問題を解消するには、「問題の把握」が必要です。
ここでは、うつ病で悩み苦しんでおられる方々に元気になって頂くために、
改めてうつ病について理解を深めて頂けるようにうつの種類のお話を致します。
もし、うつと言う単語に敏感に嫌悪感がある方は、まだ読むべきではありませんので、
ここから引き返してまだ読まないようにして下さい。それ以外の方は、元気になる為に
理解を深めていきましょう。奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」は、
鬱(うつ)の理解について少しでも問題把握のヒント(あなたのお気持ちがラクになるヒント)
があればと思います。

・「うつ病」の主な種類について、

 
その前に、「うつ病、うつ状態、うつ症状、」の違いとは、

「鬱(うつ)」と言っても様々な形に分類できます。前ページのおさらいになりますが、
まずは、「うつ症状」や「うつ状態」など、これは診断名ではありません。心の不調に
より心体的に症状が出てくると、このような表現を用いてしんどさを説明したりします。

そして、「うつ病」これは心療内科などで診断を受け病気と判断された病名です。
診断基準は世界保健機関に基づきうつ症状とされる項目をチェックし、
主に、その症状が2週間以上続くと「うつ病」と診断される事があります。

その「うつ病(鬱病)」の中でも、症状によって主にこのような種類に分けられます。

・メランコリー親和型うつ病
通常のうつ病と言われるもので、気分が落ち込んだ状態が続くうつ病です。
主に4、50代の人に多く、規律を重んじ、義理堅く、仕事熱心な方になる傾向が強いです。
疲れやすく、考えがまとまらず、罪悪感、無気力、焦り、動揺などが出てきます。
このメランコリー型と次の非定型の割合が高いと言われています。
 
 
・非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型うつ病)
これは、メランコリー型と比べ、好きな事をしている時は一時的に気分が上がります。
非定型がうつ病の約半数を占めると言われています。比較的若年層になる傾向が強く、
心の葛藤、不安、心配、嫌悪感などが強く現れます。また、双極性障害
(:躁(そう)状態と欝(うつ)状態を繰り返す精神疾患)とも間違えやすい症状です。
非定型うつ病は、新型うつ病やディスチアミ親和型うつ病と呼ばれる場合もあります。
新型うつ病とは、マスコミが作った言葉で正式な病名ではありません。。

 
更に、時期や現れ方などの特徴で、以下のように分類する事が出来ます。
(以下は分類のための言葉であり、正式な診断名ではありません。)
 

 
・緊張性うつ病
これは、過緊張のあまり表情や応対が蝋人形のように固まってしまう状態です。
顔面蒼白(がんめんそうはく)になったり、息苦しさを強く感じます。
他意はないのに周囲の人に誤解を生んでしまう事があるので、より周りの理解が必要です。
 
 
・微笑みうつ病
対人関係を良くしようという気持ちが強いあまり、辛い時でも作り笑顔をする癖が付き、
苦しんでしまうタイプの欝病の総称です。笑顔は悪い事ではありませんが、
作り笑顔が続くと心労が溜まり心身に支障をきたすのでケアが必要です。
 
 
・仮面うつ病
通常、うつ病の症状には精神症状と身体症状の2つの症状があり、仮面うつ病は、
この内の精神症状はあまり目立たず、腰痛・肩コリ・頭痛・不眠・精力の減退など、
身体症状が強く出るうつ病の事を言います。欝(うつ)特有の精神症状がない事から、
本人が気づかないケースも多く、近年で増えてきている病の1つです。
 
 
・産後うつ病(出産前後のうつ病)
これは、出産前後にうつ病になるケースです。出産前後の急激なホルモンバランスの
変化や生活環境の変化により発症する事があります。
 
 
・季節性うつ病
正式には、季節性情動障害(きせつせいじょうどうしょうがい)または、
季節性気分障害、季節性感情障害とも呼ばれます。ある季節にのみに、
欝病の症状が出る事で主に春先が多いですが、春夏秋冬、どの季節でも起こる症状です。

うつ病は、生活環境で受けるストレスや本人の体質的・性格的な要因など
複合的に組み合わさって発症しますので一概に組み分けされるものではありません。
そして、実際に病院の検査を受けていないので「うつ病」と診断されていないだけで、
このような症状で長く悩んでおられる方も少なくありません。

ここで当整体院に来られて改善が見られた具体的な症例を、
いくつか書いていきますので、鬱病が気になっている方は参考にされて下さい。
下に書いている緑色の文字は、当院の見解の一部ですので、
宜しければその辺りも参考にご覧ください。

生駒市の整体院、理楽ウェーブの知る事例。
現代では、生活環境や時代背景からこのようにうつ病が発症します。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「OLうつ」

《OLさんの1つの事例》

社会人3年目。好きで入った仕事場。新人の頃からハードワークの毎日。でもやりがいもあるし好きだからやってこれた。その内に慣れて要領も良くなり仕事もラクにこなせる、はずが、、いつまで経っても緊張はするし下の子が入ってきて焦るし、好きな仕事のはずなのに、、いつの間にか体が嫌がるくらいキライになっている。。なんだか息苦しい。特別なきっかけがあったわけでもなく突然、糸がプツンと切れたような脱力感。。

周りの人の言う事は有り難いけど正直うっとうしい。起伏が激しくなっり八つ当たりを繰り返してしまう。自己啓発本やヒーリング音楽、専門の病院に通って立て直しを図るも思うようにはいかず。もう何が何だか、何を信じていいのかわからない。

 
非定型うつと思われる症状。自分のしんどい時の自覚があり、そうでない時になんとか頑張るが、
またしんどくなってしまう、これのくり返し。うつ病は無意識のストレスが溢れて発症する事が
多いので、これといった大きな嫌な要因がなくても感受性の強い方はこのような感じになります。
当整体院でしっかりケアをして改善のリズムを掴んで、程度が随分マシになられました。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「産後うつ」

《子育てママさんの1つの事例》

育児疲れがなかなかすっきりしない。これまでなら時間が経てば元に戻っていたのになかなか戻らない。子どもに八つ当たりをしてしまう。もしかして子どもを愛せてないのかな。。
 
その上、毎日の家事が億劫で仕方がない。気が重い。体が重い。腰も肩もマッサージしても良くならない。なぜだろう。。特に何か心配事があるわけではないけどスッキリしない。。このまま駄目だと思う。けど解決策が見当たらないどうどう巡りから抜け出せない。

家族にはいろいろと心配をかけて本当に申し訳ないと思う。自分がダメだからこんな事になったのでは、と自分を責める。ご近所付き合い。親子関係。夫婦関係。ママ友関係。とにかく対人関係が嫌になる。で、自分が悪いと思いながらも、いっそのこと、、、と、よからぬ方向へ考えることもある。でも家族のことを考えるとそんなことはできない。そして、この状況をすべて人に打ち明けるのが怖い。

 
産後という特定の時期になる産後うつ。責任感の強い頑張り屋さんがなりやすいです。
育児という休みのない仕事に疲労困憊し、精神が崩れてしまう人。育児という重要性が
分かりすぎている為、それが重圧となり自分を苦しめる自己否定の多い頑張り屋さんです。
お時間は無いと思いますが、ご家族の為にもご自身の息を抜く所を作っていきましょう。
来院が不定期になりましたが、以前と比べると楽になったと言って頂けました。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「妊活うつ」

《妊活女性の1つの事例》

なんの確約もない確率にかけて行動しなければならない。不定期に病院に行くため仕事を休まなくてはならないのはどこかで申し訳なく思ってしまう。仕事を休む理由が病気ではないので更に気を使ってしまうし周りにも理由を言える人と言えない人がいる。薬の関係でけだるさがあるのは承知の上だがそれ以上のだるさもあるような。。

自分の望む事とは言え、決まってないゴールを目指して時間もお金も体力もいる。先生はリラックスしてくださいと言うが、この状況で真からリラックスできるわけがないと思ってしまう。頭では色々と解ってはいるけど、やはりしんどい。分かっていても不安が募る。はやくどうにかしたい。けど。。

 
妊娠活動中でのうつ。妊娠を促すために薬の服用をする事で体は副交感神経が優位な状態になり
それが続く事で、本来の自然なサイクルから外れ、自律神経のリズムを崩し、
心配症の方は特に、決まらない懐妊への思いと合わさり、だるさと不安が募ります。
まずは、心から落ち着く事が結果への近道です。そう実感できるように調整していきましょう。
来られた当初は支離滅裂な部分が見受けられましたが、大分落ち着きを取り戻されました。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「ダイエットうつ」

《過度にダイエットに励み過ぎた女性の1つの事例》

もう何ども切実に様々なダイエットに取り組んだが思うような結果が出ない。時間もお金も体力も使ったのに変わらない。一時は痩せてもそれを維持できない。。もう、ありとあらゆるダイエットサプリ、ダイエット法が胡散臭くて仕方ない。

何とか寝られるが、夜中に何度も目が覚める。その上、朝4時くらいになるともう寝られない。目覚めても「また1日が始まるのか」というイヤな気持ちが頭をかけめぐる。食べることが大好きだったのに、食べることが嫌になり、食べてもおいしいと思えない。

心が弾まない。五感が冴えず時間があっても趣味を楽しめない。好きなテレビも見る気がせず、洋服のお洒落も楽しめない。ホントに楽しいと思える無地邪気な気持ちはここしばらく忘れているような気がする。自分では今だけ怠けてるからだと思ってきたが、もしかしたら何か病気かもしれない。

 
焦って空回りしてしまうタイプですね。目標を持つのは良い事ですし、行動に起こすことも
良い事です。しかし、その想いに目が眩み、いつの間にか変な商品や美容法に踊らされて、
健康を損ねてしまう。言葉だけの美容に捉われず焦らず執着を手放していきましょう。
まだ空回りをする癖は少しあるものの順調に体重も減り、見た目が変わってきています。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「サラリーマンうつ」

《サラリーマンさんの1つの事例》

仕事場の人間関係が上手くいかないのに加えて、不況で業績も伸びず営業では断られてばかり。残業は増えボーナスも減り、子どもと遊んでやる時間も減った。気がつけば、最近笑ってないような。。周りはみんな「しんどい」と言うけれど、自分はそこまで感じていないし肩も凝らない。でも、楽しさは感じない。これってもしかして疲れているのか。。

そう言えば、働きはじめてから腰は何ども痛くなるが、その都度、接骨院や鍼灸院などで電気治療やマッサージなどでケアをしている。けれど、実際のところホントに整骨院や鍼灸院の治療が効いて良くなってるのかは実感できていない。「しんどい」「疲れる」って共通の基準がないから気のせいだとも思えるし、疲れすぎて感覚が麻痺しているとも考えられる。。「病は気から」とも言うし、実はこのマイナス思考だけが疲れの原因となっているかもしれない。。正直、よくわからない。けど、しんどい。

 
周りがよく見えているだけにあれこれ気遣って考えすぎるタイプ。結果、色々と頼まれ事が
多くなってパンクしてしまいます。甘えでもなんでもなく日本人特有の「みんなしんどい」
という言葉が励ましにならず悪い方向にはたらくパターン。気のせいとはせずに見直しが必要です。
周りを見る目で自分を見つめて、しっかり改善させていきましょう。
気持ちを据えて、お仕事に取り組めるまでになられました。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「自営業者うつ」

《店舗経営者、美容師さんの1つの事例》

周りにライバル店が増えて価格競争に入らざるを得ない状況になった。お客さんに来てもらうために一心不乱に頑張るが成果が出ない。ライバル店ばかり気になってしまい何だか常に緊張している気がする。お金を使うのが怖い。

毎日、仕事疲れが無いのが逆に恐怖に感じる。一日の終わりには動悸が激しくなり歯茎がジンジン痛くなる。こちらの緊張が伝わるのか普段来ていたお客さんも離れてしまい動揺が隠せない。自分では分かっているつもりだが体が緊張して休みの日も仕事のコトばかり考えてしまう。抜け出したい。心から落ち着きたい。

 
もし、本当にこれだけの理由で不調を感じているようならば、はっきり言って「甘え」ですね。
独立した当初の気持ちを思い出して下さい。厳しいことを言うようですが最初の「覚悟」が
足らなかっただけです。しかし、不調になった今それを言っただけでは改善しないので、
心体を調整して、再び頑張れるように土台を作っていきましょう。大丈夫です。
紆余曲折はありましたが覚悟を括られ、気持ちに余裕が出るまでになられています。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「先生うつ」

《学校の先生の1つの事例》

熱い気持ちで先生に就任したはいいが、現実はかなりのハードワークだった。PTA保護者の皆さん、生活指導の上司の先生、やんちゃな生徒。それぞれの目線が重圧になる。職員室ではどういう訳かベテランの先生が癌になる確率が多いし、自分もこのストレスを背負い続けるとそのようになるのではないかと心配になる。生徒じゃないけど毎週月曜日が憂鬱で日曜の午後から嫌な気分が続く。

世間からはウケがいい職業だが、割に合ってない事が多く休むに休めない状況にある。これから先、何十年と続けると思うと頭痛の種になる。徐々に、思考が低下し胸が痛くなる。もう何も考えたくない。解放されたい。自分は、みんなが思うほどしっかり出来ない。気がつけば、通勤の一歩が出なくなった。

 
学校の先生に関わらず、責任のある立場の人が陥りやすい感覚です。問題の根が、
解っていて丁寧な対処ができる「いい先生」です。なんでも取り組める真面目なタイプ。
脳周辺を調整して、順に頭の整理を付けていきましょう。
日々新たな問題が生じる仕事を、継続してこなす体力をつけられてます。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「仮面うつ病」

《40代会社員さんの1つの事例》

昔から、腰痛、肩コリ、頭痛が絶えない。常にあるわけじゃないけど、頻繁にある。
元々探究心が強い性格なので腰痛について色々と調べていくと、心因性要因で
腰痛になると解った。接骨院やマッサージでも良くならないので、一度、精神科を
受診したら、仮面うつ病というような事を言われた。その答えが、納得のいくような
納得のいなかいような、、スッキリさせようと症状を解明するつもりで受診したが、
逆に、複雑な気持ちになってしまった。。

 
無意識(自分の気がつけない部分)にストレスを溜めやすい方ですね。
「仮面うつ病」とは、ストレス社会に於いてテイの良い言葉にもなりますよね。
悪く言うと「ストレス症状」をマーケットとした戦略的な言葉に利用されかねません。
しかしながら、気分や感覚やストレスは、自分の気づかない部分(無意識)に作用される
事も事実としてありますので、その辺りを、冷静に対処できるように調整していきましょう。
自分の症状の原因や病名・症状名を知るというのは、改善の為に必要に感じますが、
今の状態は、そこに事細かにこだわり続ける必要はありません。
自分に不必要な物を手放す事ができ、前より身軽になれたと言って頂けました。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブが知る「長年のうつ」

《50代専業主婦さんの1つの事例》

学生時代からもう30年近くうつを患っている。何がきっかけだったか明確には覚えてないが、徐々に人ごみが苦手になって気づいたらうつ病になっていた。はじめは取り乱したり焦ったりもしたが、もう治らないと諦めている。

比較的マシな時期もあったが、体調が良い時に冷静に考えても、この感覚がまったく無くなる日々が続くとは思えない。このまま家族に迷惑をかけ続けるのは心苦しいが、仕方ないことだと受け入れるしかない。

 
確かに、うつ病は完治が難しい病気です。完治できてもまた戻りやすかったり、
全体の2割は完治ができないという意見も広まっています。しかし、例え完治ができなくとも、
今の症状を軽くし続けたいと思いませんか?まだ何か出来ることがあるはずです。
やはりしんどくなる事も多いけど、ほっとする時間が増えたと言って頂いています。

・生駒市の整体院、理楽ウェーブの知る「更年期うつ」

《定年退職をされた方の1つの事例》

医者に脊柱管狭窄症と診断を受けた。やっと定年まで無事仕事を勤め上げこれからだと言うのに。手術は必要か?必要だとしたらタイミングはいつにすべきか?ネットで調べると手術自体は成功してもまた近々違うカタチで痛みが出ると言うケースも多い。最良の選択をしたいが最良とは何か?どの専門家も自分の専門分野内での話しかしないのでいづれも私が最良と感じた選択肢はない。

はっきり言って、うわべだけの言葉やサービスには飽き飽きしている。こう感じてしまう事が歳なのか偏屈おやじなのか分からない。自分の考えがいけないのか、まだ本物に出会っていないだけなのか、、と思考を巡らすのもだんだんと億劫になってきた。はやく行動を起こし結論を見つけたいが、もうその気が起こらない。常に熱っぽいし倦怠感だけが残ってしまう。

 
周りがよく見えるしっかり者タイプ。周りがよく見えるだけにうんざりする事も多いですよね。
世の中の醜悪が見えてしまいバテてしまう。あなたは悪くありません。そう思うのも正しいです。
ただ、想いが強くて、それが極端に出てしまっているだけです。その辺りを、焦らず慎重に、
しんどくならないように調整していきましょう。
施術後は顔色が良くなり、イキイキとした表情が見受けられます。

このように様々な年代の方が、様々な場面で、様々な思いで発症されています。
ご覧になられた方はこの中で似たような感覚はありましたでしょうか?
ご覧になって、余計に辛く感じられたでしょうか?それとも、
自分だけではないと少し安堵されましたでしょうか?

それぞれ感じるままで良いと思います。
以上の緑色の文字は当整体院の実際の見解の一部ですが、
必ずしも状況と年齢性別だけで同じ見解を示す訳ではありません。
うつ病とは、様々な要因が重なっていますので、その分それぞれの見解があります。
このページが、少しでもあなたの「問題把握」の参考あるいは、切っ掛けになれば幸いです。
 
 
 次に「うつ病改善の為のお役立ち情報」として、考え方について、

 「うつ病から元気になるために、考え方を知る。」にはコチラへどうぞ。
 
 

まずは、一人で解決しようとしないと思うことが一番の解決の近道です。

奈良県生駒市の整体院は、体から自律神経を整える整体を行っております。
 
・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
うつ病対策に強い整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地