うつ病のお役立ち情報・行動編|生駒市の自律神経専門整体院

 
生駒市の自律神経専門整体院から、
 
うつ病改善の為のお役立ち情報・行動編
 
 
ここでは鬱(うつ)病でお困りの方に、少しでも状態が向上する為に、
有効と思われる「知識」をご紹介します。まずは画面を見過ぎで疲れないように、
休憩を入れながら、ゆっくり読み進めるようにされて下さい。

「うつ病改善の為のお役立ち情報」としては、全5ページ御座います。
このページは4ページ目として、以下の内容で順にお伝えします。

このページの目次

・うつ病の行動を知る目的
・基本的な行動
・うつ病のタイプとは、
・メランコリー型にお勧めな行動
・非定型うつ病にお勧めな行動
・息苦しさを感じる時にお勧めの行動
・うつ病から元気になる為の行動
・負のループから抜け出す昇華
・以上を踏まえた理想的な行動
・うつから抜け出す為のポイント

以上の順でお伝えします。
できるだけ飛ばさずにゆっくりとご覧ください。

               生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

・うつ病の行動を知る目的

 
うつ病から元気になる為に「タイプ別行動」を知る
 
 
ここでは、うつ病で悩み苦しんでおられる方々に、少しでも元気になって頂くために、
前のページでうつ病についての「タイプ別考え方」について理解を深めて頂いた事を踏まえて、
今度は、うつ病の種類からタイプ別の「行動」を対策としてお話し致します。もちろん
こちらも絶対的な対策という訳では御座いませんが、何か心が軽くなるヒントがあれば
と思います。悩み迷い苦しみから抜け出す「行動」についてお話しします。

・うつ病から元気になる為の、「基本的な行動」

 
「行動」が心を作っています。
 
イライラしている時や焦っているときは早足になります。落ち込んでいるときはスローになり、
下を向いた姿勢になります。姿勢も含めたその行動が、あなたの心を作っています。
うつ病の方は心がパンクした状態です。まずは、立て直すために「休息」を意識して下さい。
「休息」とは、行動で言うと「静止」です。中には止まるのが怖い人も居ます。けれど、
気持ちをリセットする為に、勇気を出して少し止まってみてください。そして、
考え方のページで少し落ち着いたら、次のような「行動」をしていきましょう。

まずは、毎朝、部屋のカーテンを開ける所から始めましょう。
次に、窓を開けて空気を入れ替えましょう。そして、寝間着から部屋着に着替えましょう。
外出の予定が無くても、朝起きたら着替える習慣を付けましょう。そして顔を洗って歯を磨く。

これらを習慣にしていきましょう。
これができたら、うつをタイプ別に分類し、それぞれに適した行動を始めましょう。

・うつ病のタイプとは、|生駒市の自律神経専門整体院の見解

うつ病の2つのタイプとは前のページで書いた通り、うつ病の種類から導き出したもの
メランコリー(親和)型うつ病、非定型うつ病(新型うつ病)の2タイプです。
前のページのおさらいになりますが、

それぞれ、
メランコリー(親和)型うつ病が、
頑張り屋さん。頑固者。生真面目。責任感の強い人。焦りやすい人。

非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型うつ病)が、
優しい人。おひとよし。甘えた。いい人でいたい人。意志の弱い人。緊張しやすい人。

とします。
これらを踏まえて、それぞれを意識した「行動」についてやっていきましょう。
(この分類は、絶対的なものではないですが確率的に解りやすくする為に分類しています。)
また、自分がどちらの部類に入るか分からない方は、直感的にやりやすい行動から入って下さい。

・メランコリー(親和)型うつ病にお勧めの行動

 
ウォーキング(散歩)の勧め
 
メランコリー(親和)型うつ病の人は、落ち込みが続いている状態です。
という事は血の流れも停滞している状態です。これらを解決する1つに「ウォーキング」
があります。一番大きい足の筋肉を動かす事で全身に血流が巡り、脳に停滞していた
血液も流れが良くなり頭がスッキリします。
生駒市整体院のうつ対策1
また、歩く速度に合わせて景色も移動し、外の空気、大気に触れ、
大地を踏みしめる事で自分の位置を再確認し平静を取り戻すきっかけになります。

メランコリー(親和)型うつ病の方には、安全な場所でのウォーキングをお奨めします。
億劫に思える方は5分だけでも十分です。その気になったら始めて下さい。

始めるのに抵抗のある方は、落ち着ける部屋の中で「足ふみ」から始めて下さい。
腕を大きくグルグル回したり、ラジオ体操などもお奨めです。

心を整える為に体を動かしましょう、体が動くと心が和らいできます。

<行動による注意点>
いづれによる行動にも言えることですが、いくら歩く良さを再認識したからといっても、
体力的にスグに長時間歩ける訳ではありませんし、毎日継続できるとも限りません。
いざ行動に出てみて自分の思うとおり出来なかったり、ついやり過ぎて凄く疲れたりして、
後から自分を責め続けて逆に体調を悪くしてしまう方がうつ病の方に多くみられる傾向です。

自分を責める思考自体はゼロにはならないかもしれませんが、過度に自分を責めない
ように、責め過ぎるのではなく「反省」をして、次に繋げて頂ければと思います。
一度、自律神経を過度に崩すと良い行動を頭で十分に理解できたとしても、
誰でも1回で思い通りの理想の行動はできません。

はじめて自転車に乗る事ができた時のように、行動の取り組み加減は、行動しては
反省し、できる範囲で力を抜いて無理なく行動し続ける事が重要になってきます。

・非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型うつ病)にお勧めの行動

 
スウィング(体を揺らす)の勧め

非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型うつ病)の人は、心の浮き沈みが激しい状態です。
心の動揺を落ち着ける行動として、ゆるいテンポの音楽を聴いてみましょう。
過去を振り返るのが嫌ではなければ、昔好きだった曲、調子の良かった時に聞いていた曲、
それらが逆に悲観的に感じるようなら、頭をカラにする為に、歌詞の意味が理解できない
洋楽がお奨めです。(ボサノヴァとかクラシックジャズとか。)
生駒市整体院のうつ対策2
それに合わせて、徐々に体を揺すってみましょう。ジャズで言うところのスウィングです。
誰に見せる訳でもありません。何も考えず音楽に身を任せて動いてみましょう。
自然と鼻歌が出れば最高です。

少し頭を揺するくらいからはじめましょうか。肩を揺らしたり、膝でリズムを取ったり、
リズムに合わせて体を揺らすと「同調」という心地よさが生まれます。
敢えてリズムを気にせず体を揺らすと紙を破るような「解放」という快感が生まれます。

要は、リズムに合わせても合わせなくても、体を傷めなければどんな動きでも良い訳です。

体を動かすという事は、自己表現の1つです。
ストレスで抑圧された自己表現を取り戻して元気になりましょう。

・「胸が苦しい」「喉が詰まる」息苦しさを感じた時にお勧めな行動

メランコリー型でも非定型(新型うつ)でも胸や喉まわりが苦しく感じる事があると思います。
そのような時に知って頂きたい事があります。

人は我慢をするとき力を入れる

「行動」というのは自己表現です。人は思ったことを自己表現しないとストレスを感じます。
胸や喉が苦しくなるのは、自己表現を止める為に無意識に体に力が入っている事があります。
動きを止めるのにグッと力を入れて堪えている部分が疲れて痛みとなって現れます。

・「恋わずらい」もそのウチの1つです。
片想いの胸の苦しさも、告白という「行動」をしないから発生します。
自分の想いを行動として表さないと人は苦しくなります。
(これは良い苦しみですが他のストレスは放っておく訳にはいきません。)

ですので、胸のつっかえた様な苦しさがある方は、過去に抑圧された感情を、
十分に出す(表現する)事が必要です。

その方法としては、

 大きい声を出す。
 迷惑にならない場所でお腹の底から大声を出す。車の中がお奨めです。
 声を出す事で声帯を動かして体を安心させてあげましょう。

 
 
 安全な物に当たる。
 柔らかいクッションを安全な所に投げつけたり、
 体を傷めないように、蹴ったり、殴ったり、動いてみる。

多少のことなら「ウォーキング」や「スウィング」で徐々に解消されていきますが、
それでも胸が苦しい場合、抑圧された感情が強いので、このような自己表現で
過去の蓄積を精算していきましょう。今の感情として怒っていなくても
行動に移せば、無意識の部分が解消され楽になる事があります。
急にやり過ぎないという点だけ気を付けて下さい。

・うつ病から元気になる為の行動とは、

 
昇華(しょうか)
 
昇華とは、本来の欲求を違うものに置き換えて満たす行為です。例えば、
どうしても満たされない心の葛藤を、大好きな絵を描くという行為で代替する事は昇華になります。

他にも、どうしても叶えられない恋愛感情、長年の家族間の確執による怒りの感情、
仕事場での人間関係のもつれによる妬みの感情、これらが解決できない場合、
この感情を捨てるのではなく、この感情を持ってしまった自分を責めるのではなく、
これらをバネにして、違う方向へ向けていく事が昇華になります。

ある意味では、当整体院に来る事が昇華となる方も居られるでしょう。

上記で紹介した行動もある意味では全て昇華と言って良いでしょう。
どうにもならない事から一度離れて、自己防衛の為、好きな事をして感情の抑圧を避ける行為です。

・悪い癖→依存症→負のループから抜け出す昇華(しょうか)

 
昇華と自律神経を整える
 
例えば、ショッピングや食事が昇華になる人もいるでしょう。お金を使うのが怖い方は、
プチ贅沢はお勧めです。しかし、家計を圧迫するような金額の買い物や、体調を崩してしまう
ような食事の継続は、昇華とは言えません。解っていても結果的に自分を苦しめてしまうような
悪い依存や癖があるとすれば、その大元には、ストレス過多という原因がありますので、
いきなり悪い依存や癖だけを止めようとしては、ストレス発散の場所を失う事になり、更に、
悪い事を止める行為がストレスになり心身が持ちません。

中には、、
無意識の内に自傷行為が昇華となっておられる方。。
自分の感情を出す行為として、いてもたっても居られず、ご自身を傷付けてしまう方、
このような方は無意識の内にそれが自分なりの昇華であると心身が認めてしまっている
可能性があります。その感情を全く行動に出さないのは更に問題ですが、自分を傷付ける
という行動に出れば、仮に心の負担は一時的に軽減するとしても体は持ちませんので、
当院の整体(体から自律神経を整える行為)やカウンセリングなどで体力を付け、
安全な昇華を見つけて行きましょう。

また、自傷行為を止めるのにお薬を使うという方法がありますが、
薬によってその気をぼやかしているだけで問題の解消にはなっていません。
問題の先送りをしているだけで、いずれはこのような事に関わる必要がある。
と、当院は考えています。

心身に悪い依存や癖があるのだとしたら、
自分でも十分わかっていても「負のループ」から抜け出せない方も居られます。
次の発散場所(昇華)を見つけて、少しづつその悪い依存を減らす方向に向けましょう。
そして、当院の整体も含めた自律神経を整える行為が「悪習慣の根本改善」の助けとなります。

他に今すぐ昇華が思いつかない方は、まずは次の手順で体を動かす昇華がお勧めです↓。

・以上を踏まえた、理想的な行動「心と体の意識」

 
体の動きと心の動きは互いにリンクしています
 
まずは、疲れた心をゆっくり休息する時間を取って頂いて
「心の病とは体の病」と捉えて、体の動きを1つ1つ確認していきましょう。

まずは 腕を上げてみる。 足を動かしてみる。 深呼吸をしてみる。
 腕を振って足ふみをしてみる。 外を歩いてみる。 音楽に合わせて揺れてみる。
これらの1つ1つの確認作業で体が安心します。

そして、無意識に我慢してきたストレスを取る為に、
周りと自分の安全を確保した上で、
 大きな声を出してみる。 クッションに当たってみる。

このような流れで心と体の機能回復ができれば理想的です。
「そう簡単にいかない」そのような方も焦る必要はありません。
想像以上にダメージが大きく休息の時間が少ないのかも知れません。
「したいけどできない」というのもよく解ります。まずは、参考にだけしてみて下さい。
時間だけでは改善しませんが、改善には「時間」も必要です。

その他に、心の動揺を体から落ち着かせるセルフケアを動画で順に解説しています。
体を再確認して心を整える方法です。よろしければコチラをクリックして参考にされて下さい。

・タイプ別、うつから抜け出す為のポイント

 
新型の人は特にうつを克服するために強い意志が必要です。

よく陥るパターンが、1ヶ月歩いてるし体を揺すったりしたけど、
やっぱりしんどい時はあるし変わらないから行動を止めた。ではダメなんです。
1ヶ月で変化が無かったら一年やるんです。一年で効果が無かったら二年三年やるんです。
「何がなんでも治してやる!」と、言うくらいの強い意志が必要です。
心体に良い事をしてすぐ効果が現れないのはそれだけダメージが大きくある、だからこそ、
続ける必要があるのです。

治療でも美容でも根本からの改善というのは個人差があります。
それを理解できずに自己判断ですぐ諦めてしまう人は、折角のチャンスを生かしきれません。
それで本当に効果のある方法を見逃し、うわべだけの甘い言葉に踊らされ、結局どこに行っても
何も解決できない治療難民、美容難民を沢山見てきています。そうならないために、まず、
強い意志を持つのです。そして、続ける為に、少しくらい動けない日があってもO.K.として、
肩肘張らずゆるい感覚で行いましょう。

 
特にメランコリー型の人は、気負わないでくださいね。

きっちりしなくて大丈夫です。歩く時間も始めは一定にしてリズムを付けたら、
たまには時間帯を変えたり、距離を変えたり、少しの変化を楽しむようにしましょう。
このような事で柔軟性を養うことが大切です。早く良くなる為にも、焦らずゆっくり行きましょう。
良い意味で自分を甘やかして、自分を愛する気持ちを大切にしていきましょう。

全く同じ行動というのは、筋肉ばかりか、
脳幹も同じ所ばかりを使うためその部分が疲労してしまいます。
いつもと少し違う行動は、脳幹や小脳の疲労を回復させるのに役立ちます。

 
 
 次に、これまでの事を踏まえて、
 うつ病などの問題を小さくするには4つの力が必要だと当院は感じます。

 「うつなどの問題を小さくする4つの力」の詳細は、こちらをクリックください。
 
 

人生は色々な場面でつまずき、挫折し、成長します。
堀江整体でその段階をスムーズに乗り越えられるお手伝いをさせて頂きます。

奈良県生駒市の当整体院は、体から自律神経を整える整体を行っております。
 
・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。
 
奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を整えて「うつ病」からの根本改善を目指す整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地