つい言い訳を多くしてしまう方へ|生駒市の自律神経専門整体院

 
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」から、
 
「つい言い訳を多用してしまう方」へ
 
 
仕事があるから、家の事をしないといけないから、子どもが、、主人が、、など、
ご自身にしたらそれが真っ当な理由で、言い訳のつもりではないけれど、
周りから見れば、言い訳に聞こえそうな言葉を多用してしまう方へ、
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」がお伝えしたい事があります。

当整体院がお伝えしたい事とは、
ご本人が言っている「その言葉」で、ご本人自身のストレスを、
結果的に、増やす事になる可能性があるという事です。

そのプロセスをこのページご説明したいと思います。とても繊細な内容を含みますので、
文面ではもしかしたら、誤解が生じるかも知れません。まずは、前提として、当院は、
ご覧の皆様にダメ出しや説教をするつもりはなく、これらの情報が、皆様のストレス軽減に
繋がればという想いからこのページの開設に至りました事をご理解ください。その上で、
お心当たりのある方は、是非参考にされて下さい。

                 生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

あなたは、このような事を頻繁に口にしていませんか?

 遊びに行きたいけど、この日は仕事があるから行けない。
 平日は仕事で忙しいし、休日は家の事があるから時間が作れない。
 本当に週一回のペースで整体に通いたいけど、時間の都合が付けられない。
 この洋服が欲しいけど、高いから買えない。

このような事は人からもよく聞くし、誰でも言うような文面だと思います。
前提は、このような発言がいけないという事ではありません。

ただ、この事の本当の意味を自覚していないと、
自律神経を乱しやすい人には自身のストレスになる事が多いです。

生駒市の整体院が思う「自律神経と自覚」とは、

 
「自律神経と自覚」
 
自律神経とは、他のページでも説明があるように、主語と現実と妄想の区別がつきません。
自分に起こった事でも、周りの人に起こった事でも自律神経は反応しますし、現実でも、
妄想・想像でも、あなたの自律神経は反応します。ですので、自律神経を整えて行くには、
自律神経の乱れからくるであろう不調(自律神経失調症・パニック障害・うつ病など)
を軽減して行くには、尚更、自覚が必要になります。

自覚が薄れると、、
被害者意識が増えて、人に過剰に八つ当たりをしてしまったり、怒りっぽくなったり、
関係のない事まで一緒くたに考えて勝手にしんどくなったり、加害者意識が増えて、
必要以上に落ち込んでしまったり、必要以上に寂しくなったりして、その結果、
自律神経を乱してしまいます。

あなたが「~~したいんだけど、○○のせいで出来ない。」と感じている事が、
自身にストレスを掛け、余計に、自身の自律神経を混乱させている可能性があります。

自覚とは、自分の置かれている状態を知る事。自分を知るという事。
もしかしたら、今の段階では当然と思える自覚もそうではない可能性があります。

そして、過去の出来事に対して、自覚なく溜まったストレスが過剰にあるとしたら、
それが様々な不調を引き起こしている大きな原因の1つとも考えられます。現実としては、
過去の事として、完了した事実だが、自律神経としては、未完了になっている。それで、
自分でもよく解らない不調が続いている。。という事も、自覚が薄いとよくある話です。

自分の中に、簡単に意識できない意識(潜在意識・無意識)があるのを知るのも自覚ですし、
自分の意思だけでは、コントロール出来ない自律神経の存在を知るのも自覚です。

ここでは、あなたの自律神経にとって、未完了の事柄が増えないように、
「自覚」というものをテーマに話を進めたいと思います。

まずは、先ほどの の文面に隠れている深層心理からひも解いていきたいと思います。

 遊びに行きたいけど、この日は仕事があるから行けない。
 平日は仕事で忙しいし、休日は家の事があるから時間が作れない。
 本当に週一回のペースで整体に通いたいけど、時間の都合が付けられない。
 この洋服が欲しいけど、高いから買えない。

「けど(だから)、○○できない。」の本当の意味とは、

 
「自分の責任を負う言葉」で表すと、
 
上記の文面の共通点は、出来ない事を物事のせいにして発信しているという点です。
ですので、本来は「自分の意思」なのに、「物事のせい」にする事で自分にも言い聞かせる。
というようなニュアンスが強く含まれています。これを、「自分の責任を負う言葉」で表すと、
例えば、このようになります。

 遊びに行きたいけど、この日は仕事があるから私は遊びたくない。

遊びに行きたいというのも自分の意思ですが、仕事を休んでまで遊びたくない。という
自分の意思の方が強いので、「いけない。」と言っているが、いけない事はなくて、
自分で仕事と遊びを天秤にかけて、遊びに「いかない。」事を選んでいる。

これが、ご両親が危篤状態となれば、仕事だからいけない。とは、
殆どの人がならないでしょう。「いけない。」のではなくて、
自分の意思で「いかない。」という事を選んでいる。

「時間が作れない。」というのも、その環境を選んでいるのは自分ですし、
本当に週一回のペースで整体に通いたいけど、時間の都合が付けられないのは、
週一回で来たい自分より、もう少し間隔を空けたい自分の意思の方が勝っている。
洋服が欲しいけど、高いから買えないのは、欲しい意思より、洋服にここまでの
金額を出してまでは欲しくないという意思の方が勝っているからです。

このように、
実は自分で選んで決めている事なのに、
前記で記した文面は、物事のせいにしている文面だというのが解ります。

重要なのは、前記の文面を使ってはいけないのではなく、その深層に、
自分の意思がしっかり反映されているという「自覚」を持つという事です。

この事をご理解無く多用してしまうと、自律神経が乱れ不調に繋がる可能性があります。
自律神経を必要以上に乱さない為に、是非、自覚について一度見直してみてください。

この内容で考え過ぎてしまう人や、しんどく感じる人は、少し休憩を取って下さい。
今はまだ「自覚」について取り組んで行く体力がないのかも知れません。
当院の整体で十分体を整えてからでも遅くはありません。

この内容もご理解頂いて、自覚について更に興味を持たれた方は、
順に読み進めて下さい。次は、「感情の自覚」についてお話しします。

生駒市の整体院が思う自律神経に関わる「感情の自覚」

 
感情とは、勝手に湧き上がる?
 
感情とは、勝手に湧き上がってくるという感覚があると思います。では、誰がその感覚を、
あなたに与えているのでしょうか?影響を受けた人や物や事ではなくて、少し言い変えると、
その感情は誰から生まれてくるのでしょうか?と言えば、あなたの感情はあなたから生まれて
来ていますよね。他の誰でもなく、あなたの感情はあなたから湧き上がっている。。
言い方を変えると、あなたが感情を湧き上がらせている。
と、いう事が言えると思いませんか?

人や物や事などの影響を受けて、あなた自身がその感情を選択している。

例えば、運転中長いクラクションを鳴らされた。で、反射的にむかついた。
としたら、それは、あなたがクラクションを鳴らされた事実に対して、
「むかついた。」という感情を選んでいる。

いや、そんなの誰でもむかつくでしょ?
と、思う人もいるかも知れませんが、そうとは限りませんよね。
その出来事に、恐怖を感じる人も居れば、焦りを感じる人も居るでしょう。

自律神経を整える為には、
感情と出来事は、別々の存在であるという「自覚」も必要です。
あなたの感情は、神経反射的に起こるものではなく、自身で選択している「自覚」を持つ。
 
生駒市の自律神経専門整体院・感情の選択・
出来事に対して、出したくない感情を出してしまったから今度からは無理やり故意に、
違う感情を引っ張り出してくるのではなく、ただ自分でこの感情を選択しているという自覚を持つ。

感情を選択している「自覚」が薄れる要因として、
我々が普段話している日本語表現にその一端があるかも知れません。

我々が、「感情と出来事」を混ぜている日本語表現

 
「感情+出来事」の言葉
 
例えば、「悲しい事」と言う「事」はありません。ある出来事に対して、悲しいという
感情をセットにした表現であり、元は「事」と「悲しい」は別々に離れている。他にも
例を挙げると、「快晴」というのも「晴れ」という出来事に、心地よいという感情が、
合わさった言葉。晴れて心地よくない人もいるのでは、、?他にも色々とあると思います。
このような言葉も、良し悪しでなく、そういう構成になっているという自覚が必要でしょう。

「感情の種類」はいくつあるの?
因みに、「感情の種類」は、諸説ありますが、オランダの哲学者スピノザによれば、
感情は48種類あると提唱していました。心理学者のロバート・プルチックによれば、
「感情の輪」として8つの基本感情から外に伸びる輪のように感情を提唱しています。
また、心理学のラベリング理論を適応すれば、表す概念(言葉)の数だけ感情がある
とも考えられるでしょう。

大切なのは、
自分の感情は他人や出来事や知識が決めるものではないという事。

出来事と感情がセットになった言葉に流されず、知識として感情の種類を入れても、
自分の感情を上手く扱えるとは限らない。というような「自覚」を持つという事です。

このような「自覚」を持っている利点とは、

 
自分の傾向を把握する事ができる+(プラス)
 
このような自覚が鈍ると、自分の意見が分からなくなったり、優柔不断になったり、
情緒不安定になったり、未完了の事柄が出来て、何か解らず不調が続く。
いわゆる自律神経を大きく乱す状態になる可能性があります。

そうならない為に、またはその状態から回復していく為に、
自分を知る、自分の傾向を知る、切っ掛けとなるのがこのような自覚です。

例えば、自分はいつもこの出来事に対しては、「過度な怒り」の感情を選択してしまう。。
本当は、余裕を持って対応したいのに、、今までを冷静に見返すと自分にはその傾向がある。
そこまで怒りたい訳じゃないのに、何故だろう??と言うように、自分を深く探っていける。

傾向が把握できれば、対策が見えてきます。
対策を行えば、改善が見えてきます。

是非、このような自覚という意識を参考にされて下さい。
この記事を見て、自分を責めたり、猛省したり、なるほど、と思ったり、
その感情を選んだのはあなたです。これであなたの傾向が少し見えたのかも知れません。

より良い暮らしができますように少しでもお役に立てれば幸いです。

言葉では簡単ですが、その一連の流れを実行するには、「体力」が必要です。
それぞれの難しさを感じる方も少なくありません。

このページのような自覚や、未完了を完了させていく手段として、、
当院のカウンセリングで「自覚」のサポートを致します。
 
それらを実行していける体力を付ける為に、
当院の整体の施術で「体力」のサポートを致します。

ご希望であれば、「自覚」と「体力」、両面のサポートをさせて頂きます。

・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を整えて「説明しにくいような不調」の根本改善を図る整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地

その他、感情の選択が苦手な人のお役立ち情報。

感情の選択が苦手な方へ。よろしければ、以下のページも参考にされてください。
(※ブルーの文字をクリックすると、各専門ページに移動します。)

 当院の特徴
はじめての方へ ・心を患ったご本人さまへ ・そのご家族さまへ
説明しにくい不調がある方へ ・改善を望む皆様へ ・当院のルール ・当院で良くなる人
心身のカウンセリング ・堀江整体で適応の心身症状 ・堀江整体で適応の身体症状 
ご予約方法~施術の流れ~
 自律神経を整えるポイント
自律神経を整える7つの習慣 ・食事で気を付けるべき6点 ・質の良い睡眠方法
適度な運動 ・言葉の大切さ ・高血圧の対処法 ・起立性低血圧の対処法
 「うつ」から元気になるために
背景を知る ・種類を知る ・考え方を知る ・行動を知る ・問題を軽くする
 見て解る対策動画
ふわふわめまいの改善法 ・体から心を落ち着ける方法 ・今すぐ腰痛を治したい方の対処法
日常の腰痛対策動作 ・油断しがちな腰痛対策動作 ・肩こり、四十肩、五十肩ケア
 心のしんどさを無くすポイント
うまくいく「感情」と「思考」 ・「心のコンプレックス」の外し方 ・「本当の自分」 
「心が楽になる」欲求の満たし方 ・「反発する欲求」の満たし方 
「執着」をすてればうまくいく
 体のダルさを無くすポイント
「痛み」と「凝り」の捉え方 ・「姿勢」と「歪み」の事実 ・「冷え性」の対策
「ムクミ」の対処法 ・「産後ケア」の手助け ・「生活習慣病・ダイエット
「健康・美容」への取り組み方
 気になるストレス症状の改善法
呼吸が浅く感じる方 ・偏頭痛でお悩みの方 ・喉の詰まりが気になる方
日常の光が眩しく感じる方 ・今の不安を少なくしたい方
モヤモヤの整理を付けたい方 ・突発的な症状でお困りの方
無気力でお悩みの方 ・常に緊張が取れない方 ・猫背が気になる方
他人を気にし過ぎてしまう方 ・伝えたい人に伝わらないと感じてしまう方
優柔不断?でお困りの方へ ・情緒不安定の理由を知りたい方へ
イライラさせる人でお困りの方へ ・どこまでが病気か気になっている方へ
施術後まだ痛いと感じる方へ ・つい言い訳を多用してしまう方へ(感情の選択) 
副腎疲労を疑っている方へ ・当院に気を遣い過ぎてしまう方へ ・不定愁訴が気になる方へ
意識から心を落ち着ける方法 ・なかなか症状が改善しないと感じる方へ
提供:奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ(りらくうぇーぶ)」
料金メニュー ・地図(アクセス) ・大切な質問 ・患者さんの声 ・院長プロフィール

生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地