呼吸を整えると自律神経に良い効果がある|生駒市整体院

 
まずは呼吸から

呼吸の乱れと自律神経の関係性
 
 
我々が当たり前にしている呼吸。意識的にも無意識下でもできる呼吸について、
「気がつけば呼吸が浅くなっている。」酷くなると、「呼吸が浅くなっている事自体、
気づけない時がある。それでしんどくなって後から思い返すと呼吸が浅かったと自覚する。」

ここでは奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」が、呼吸が及ぼす
心身の変化について掘り下げて紐解いていきます。一緒に楽になる方法を見つけていきましょう。
真新しい事はないかも知れませんが、改めて、呼吸の認識を深めて頂ければ幸いです。
ご自身の呼吸が気になる方は、是非参考にされて下さい。

このページでは、以下の内容を順にご紹介致します。

・このような呼吸が気になっていませんか?
・呼吸の深さと「感情の深さ」は比例する
・呼吸をしやすくする「姿勢」について
・肺を動かす横隔膜の特性
・胸式呼吸がしやすい「姿勢」
・腹式呼吸がしやすい「姿勢」
・呼吸に関連している主な「筋肉」
・エネルギー的に呼吸を見ると
・自律神経と呼吸の関係性
・生駒市の自律神経専門整体院から、ご覧の皆様へ

どうぞ飛ばさずにご覧ください。

                生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

あなたは、このような呼吸が気になっていませんか?

 
息苦しい。。呼吸がしにくい。。呼吸が浅い。。
 
 何か嫌な事があったとき、 悲しいとき、辛いとき、
 今は嫌なことはないけど、明日嫌な仕事があってそれを想像したとき、
 学校で受けた精神的なストレスを思い出してしまっているとき、
 漠然と、この先に大きな不安や心配を感じてしまっているとき、
 現在・過去・未来の嫌な出来事を想像する事で、呼吸が浅くなる。
 何か理由は解らないけれど、なんとなく呼吸が浅いときがある。
 気付いたら呼吸が浅くなっている。

人それぞれ多かれ少なかれ感じた事があるのではないでしょうか?

これは正常な体の反応と言えます。ただ、度が過ぎると、呼吸障害や、
自律神経を乱し、疲れやすくなったり、回復が遅くなったり、
酷くなると自律神経失調症やうつ病など、
様々な不調の原因となります。

その辺りを避けられるように、あるいは、そのような状態から、
回復を目指せるように「呼吸」「感情」「姿勢」「筋肉」「自律神経」を見ていきましょう。

呼吸の深さと「感情の深さ」は比例する

thumbnail_obasan
強い感情が呼吸を刺激する
 
我々は興奮すると呼吸が激しくなり、
感情が薄れてくると呼吸が浅くなります。

呼吸は体内に酸素を取り入れ我々の生命維持には欠かせない行為です。それがこのように、
感情と深く関わりが有るという事が解っています。日々呼吸が浅い状態が頻繁にあるという
方は、それだけ酸素を供給する生命エネルギーが低下しているという事なので、自らあらゆる
病気や不調のキッカケを作っている事になります。まずは、呼吸の浅さを軽く見ず、
重要視する事が大切です。

逆に過呼吸というのは、一気に感情が溢れた事で起こるので、
それまでの無意識の感情の抑圧による呼吸の浅さの反動という事が考えられます。
また、呼吸の浅さの実感はないけど「疲れやすい・イライラする・疲労が取れにくい・
スッキリしない」と感じておられる方の殆んどが、呼吸の浅い状態が多いですので、
そのような方々も感情を調節するという意味でも、是非、呼吸を意識されるようにして下さい。

次に、横隔膜の特性から、呼吸をしやすくする姿勢について見ていきましょう。

呼吸をしやすくする「姿勢」について

 
胸式呼吸と腹式呼吸
 
よく「自律神経を整えるには腹式呼吸がいいんですよね?」と聞かれますが、
自律神経を整えるには両方の呼吸が状況に合わせて上手くできる事が最善になります。
胸式呼吸は、交感神経が優位(アクティブ)な時にしっかり出来る事が必要で、腹式呼吸は、
副交感神経を優位(リラックス)にさせる時に必要な呼吸法です。

ここでは状況に応じて両方の呼吸法ができるようにやっていきます。
まずは、正しく呼吸をする為に横隔膜の構造から適切な特性をご説明します。

肺を動かす横隔膜の特性とは、

 
正しく呼吸をする為に、横隔膜の特性を知る
 
横隔膜の筋の割合は、白筋45%、赤筋55%と言われています。
そして、横隔膜の胸部(上部)は白筋が多く、腰椎部(下部)は赤筋が多いです。
白筋とは、速筋とも言われ瞬発性運動に優れています。赤筋とは、遅筋とも言われ
持久性運動に優れています。つまり、テンポの早い呼吸は、胸や背中(上部)で行い、
遅い呼吸は、腹や腰(下部)で行う事が、横隔膜の構造上の特性として良いとされています。

この事を踏まえて、
疲労が溜まらない様に胸式呼吸と腹式呼吸を使い分けていきましょう。
次に、胸式呼吸と腹式呼吸それぞれのやりやすい姿勢について見ていきましょう。

胸式呼吸がしやすい「姿勢」

 
胸を開く姿勢
 
まずは、過集中、過緊張、心配、不安などで呼吸が浅くなりやすい方は、
胸式呼吸から行いましょう。胸式呼吸をスムーズに行うために少し体の動きを付けます。

呼吸というのは横隔膜の動きで左右の肺が膨らむ事でなされますよね。
今、意識を肺に集中して、左右の肺の膨らみを感じてみてください。
そして、膨らみが弱いと感じられる方を伸ばすように
上半身を側屈して胸で息をしてください。
胸式呼吸の準備|生駒市整体院
膨らみにくかった側の肺が伸ばされることで良く動いている感覚が掴めると思います。
そして、真っすぐに戻っても膨らみにくかった側がよく動くと感じる事ができます。
逆に反対の側が動きが少なく感じたら反対側も側屈して息を入れてください。

これで解る事は、息を入れるスペースを空けると、そこに息が入りやすくなります。
左右ともに動きやすくなったら、同じ要領で両方の肺に同時にスペースを空ける為、
少し胸を張って胸式呼吸をしましょう。
生駒市自律神経専門整体院の胸式呼吸
いわゆる正しい姿勢と言われる姿勢、なるべくフラットな姿勢で、横から見ると、
耳、肩、大腿骨頭、くるぶしが一直線上にあるような姿勢を取ります。
このように背筋を伸ばす事で、胸に息が入りやすくなります。

この姿勢をしやすくするポイント。
アレクサンダーテクニック理論でいうところのリーディングエッジを活用して下さい。
リーディングエッジとは、「導く先端」という意味で先端の動きで全体の動きを導くという
考え方です。

このケースに於いては、頭が先端という捉え方をして頭の中心の頂点を軽く真上に伸ばす
頭の位置を高くする意識を持つと、自然と背骨の位置や顎の位置などが修正され、
胸式呼吸がやりやすい姿勢となります。

※巻き肩というのは、
 ウデ全体が内側に内転している状態を言います。両腕を下におろした「気をつけ」の
 姿勢で、自然と手の甲が前面になる腕が内に巻いているような状態、デスクワークや、
 スマホ、お料理などの長時間の継続による弊害の1つです。

ここでは胸を開く為に、
 両手を下におろして、手の平が前を向くように腕を外に捻り、両脇下の角度が、
 30~40°ほどの角度となるように腕を少し横に開くと良いでしょう。

・しっかり胸式呼吸ができる事の利点

 心身を活性化させる事ができる。 交感神経が優位に働く。
 早いテンポで呼吸ができる。 上部胸椎周辺の筋肉群の緊張が取れる。

逆に、うまく胸式呼吸が出来ないと、心身が活性化しない。
やる気が起こらない。持久力がない。背中がこわばるなどの事が起こります。

そうならない為に、しっかり出来るようにしていきましょう。

続いて、腹式呼吸をやっていきましょう。

腹式呼吸がしやすい「姿勢」

 
少し猫背の姿勢
 
腹式呼吸はお腹まで息を入れる必要があるので深く呼吸をする必要があります。
(実際には息が入るのは胸部の肺ですが、膨らむのが下腹部なので、
 横隔膜をより大きく上下に動かす必要があります。)

それには骨盤を水平にする必要があります。骨盤を水平にすると、
横隔膜が深く下がるようになり下腹部に入るスペースが確保できます。
横から見た図にすると、腹式呼吸をしやすい姿勢はこのようになります。
腹式呼吸がしやすい姿勢|生駒市整体院
骨盤の水平を意識した少し猫背の姿勢です。見ようによってはかなり猫背に
見えるかもしれませんが、ほんの少し猫背になる意識が適当だと思います。
膝はピンと伸ばした状態では足に力が入りすぎるので、少し猫背気味の
上半身のバランスを取る為に意識的に少し曲げておきます。

特に女性は、ハイヒールの影響や、無意識のピップアップの影響などで、
普段から腰が反り過ぎている骨盤が過度に前傾している人が殆どです。
ですので、腹式呼吸を意識してもどうしても浅くなる方が多いです。
やりにくいかもしれませんが、横隔膜を下げる為に、骨盤の水平を意識されて下さい。

・しっかり腹式呼吸ができる事の利点

 心身を安心させる事ができる。 副交感神経が優位に働く。
 疲労が回復される。 腰・お腹周辺の筋肉群の緊張が取れる。

逆に、うまく腹式呼吸が出来ないと、心身が休まらない。
やる気が起こらない。疲れが取れない。緊張が緩まないなどの事が起こります。

そうならない為に、しっかり出来るようにしていきましょう。

このような呼吸を意識する背景には、
様々な筋肉を緩ませ、適切に機能させていくという役割もあります。

呼吸に関連している主な「筋肉」

 
呼吸に関連して収縮する「筋肉」
 
呼気:内肋間筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹直筋、腹横筋、下後鋸筋、大胸筋鎖骨部。
吸気:横隔膜、外肋間筋、上後鋸筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、小胸筋、大胸筋肋骨部、肋骨挙筋。
 
 
聞きなれない筋肉も多くあると思いますが、正しい呼吸をする事で此等の筋肉が、
正常に収縮し、胸式呼吸も腹式呼吸も、体の前面はもちろん、背中・腰側の
後面にも全面的に作用して膨らみ、収縮運動をするという事です。
 
正しい呼吸|生駒市整体院
胸式呼吸では胸も背中も膨らみを感じられますが、腹式呼吸では、前面のお腹の膨らみだけで、
呼吸で腰部の膨らみを感じられる方は殆ど居られないのではないでしょうか?

呼吸は骨盤の真ん中にある骨、仙骨と頭蓋骨とも深く関係があります。
体の後面の緊張を解く事で仙骨がスムーズに動き呼吸を助けます。
生駒市の自律神経専門整体院の当院では「姿勢編集」として、
腹式呼吸でも十分に後面の収縮を感じて頂けるように指導致します。

文面だけのここでは説明が難しく誤解を招く恐れ御座いますので、直接指導とさせて頂きます。

エネルギー的に、呼吸を見ると、

今までの流れから、呼吸は感情に比例して、胸式呼吸も腹式呼吸も必要で、それぞれに、
「姿勢」が関係して、筋肉反応がある事が解りました。これをエネルギーという
言葉を使って表すと、このようになります。
 
奈良県生駒市の自律神経専門整体院の呼吸
呼気(息を吐く)で、体内のマイナスエネルギーを足裏から地面に出すように、
吸気(息を吸う)で、大地のプラスエネルギーを体内に取り入れるように、
それぞれ頭から足裏まで循環させるようなイメージで行います。

重要なのは、足裏の感覚です。両方の足の裏をべったり地面に着けて、
このイメージで呼吸を行うと、エネルギーが充填されます。

呼吸とは、字の如く「呼(呼気)」が先でその後に「吸(吸気)」です。
まずは、息を吐いて、その後に息を吸います。それをゆっくりと繰り返します。
自律神経で言うと、呼気で副交感神経が優位になり、吸気で交感神経が優位になります。

最後に、今までの事柄がすべて結びつく呼吸と自律神経の関係について見ていきましょう。

「自律神経」と呼吸の関係性|生駒市の整体院の見解

 
フィードバック機構を利用する
 
正しい呼吸で自律神経をコントロールするというのはある程度可能な事です。
無意識でも出来る呼吸を以上のように意識的に有意義に操作する事により、
その情報は、脳の視床下部(ししょうかぶ)、脳幹、小脳などに伝達され、
次第に自律神経が呼吸に合わせるように自己調整されていきます。
この一連の流れを、呼吸のフィードバック機構と呼んでいます。

そして、ご覧の通り、姿勢によってやりやすい呼吸というものが決まってきます。
呼吸は無意識にできるものという認識は広まっていますが、この事から、実は、
姿勢も、無意識に取っているという事実を、再認識しなければなりません。
その事に気づいていく事が、深い呼吸ができる第一歩となるでしょう。

このように意識的に呼吸を整える事が苦手な方は、
「心理的なイメージ」を先行させて呼吸を整える方法がお勧めです。

結果的に深く呼吸ができるように、
「不安」を少なくするページは、コチラをクリック下さい。

当整体院は、呼吸は心身にとても影響を与えるものであると感じています。
その分、皆様には、しっかりと呼吸を整えて頂きたいと想っています。

 呼吸が浅いと感じる方、 なんとなくしんどいのが続く方、
 毎日の疲れがなかなか取れない方は、是非、参考にされて下さい。

他にも、当院が思う姿勢について。
・「姿勢と猫背」については、コチラをクリック下さい。
・「姿勢と歪み」心身の関係性については、コチラをクリック下さい。

生駒市の自律神経専門整体院から、ご覧の皆様へ

 
いかがでしたでしょうか?
 
腹式呼吸と胸式呼吸は両方大事。それぞれの呼吸のしやすい姿勢とポイント。
呼吸の深さは感情と比例する。呼吸は無意識でも意識でも出来るもの。呼吸と、
自律神経の関係。これらの情報が、少しでもご覧の皆様のお役に立てば良いのですが。

もし、このような事を踏まえた上でも、

多少良い変化はあったけど、もっと、より良く改善したい。。
もしくは、まだ呼吸が変に乱れる時がある。。
まだまだ呼吸が浅いと感じる。。

という方は、

生駒市の自律神経専門整体院が、
直接、呼吸を整えるお手伝いが出来ます。

生駒市の自律神経専門整体院で出来る事

体から自律神経を整える整体と、心身のカウンセリングで、
直接、乱れる事がある呼吸を整えるサポートをさせて頂きます。

(それぞれの詳細は、各ブルーの文字をクリック下さい。)

まずは、出来るところから。自律神経を整える為にも、
姿勢と呼吸を意識して心身を緩めていきましょう。

・気になる施術料金や施術間隔については、コチラをクリック下さい。

・その他、気になる質問については、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を整える為に、呼吸を整える心身作りに力を入れている整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地

その他、呼吸が浅く感じる人のお役立ち情報。

呼吸が気になる方へ。よろしければ、以下のページも参考にされてください。
(※ブルーの文字をクリックすると、各専門ページに移動します。)

 当院の特徴
はじめての方へ ・心を患ったご本人さまへ ・そのご家族さまへ
説明しにくい不調がある方へ ・改善を望む皆様へ ・当院のルール ・当院で良くなる人
心身のカウンセリング ・堀江整体で適応の心身症状 ・堀江整体で適応の身体症状 
ご予約方法~施術の流れ~
 自律神経を整えるポイント
自律神経を整える7つの習慣 ・食事で気を付けるべき6点 ・質の良い睡眠方法
適度な運動 ・言葉の大切さ ・高血圧の対処法 ・起立性低血圧の対処法
 「うつ」から元気になるために
背景を知る ・種類を知る ・考え方を知る ・行動を知る ・問題を軽くする
 見て解る対策動画
ふわふわめまいの改善法 ・体から心を落ち着ける方法 ・今すぐ腰痛を治したい方の対処法
日常の腰痛対策動作 ・油断しがちな腰痛対策動作 ・肩こり、四十肩、五十肩ケア
 心のしんどさを無くすポイント
うまくいく「感情」と「思考」 ・「心のコンプレックス」の外し方 ・「本当の自分」 
「心が楽になる」欲求の満たし方 ・「反発する欲求」の満たし方 
「執着」をすてればうまくいく
 体のダルさを無くすポイント
「痛み」と「凝り」の捉え方 ・「姿勢」と「歪み」の事実 ・「冷え性」の対策
「ムクミ」の対処法 ・「産後ケア」の手助け ・「生活習慣病・ダイエット
「健康・美容」への取り組み方
 気になるストレス症状の改善法
・呼吸が浅く感じる方 ・偏頭痛でお悩みの方 ・喉の詰まりが気になる方
日常の光が眩しく感じる方 ・今の不安を少なくしたい方
モヤモヤの整理を付けたい方 ・突発的な症状でお困りの方
無気力でお悩みの方 ・常に緊張が取れない方 ・猫背が気になる方
他人を気にし過ぎてしまう方 ・伝えたい人に伝わらないと感じてしまう方
優柔不断?でお困りの方へ ・情緒不安定の理由を知りたい方へ
イライラさせる人でお困りの方へ ・どこまでが病気か気になっている方へ
施術後まだ痛いと感じる方へ ・つい言い訳を多用してしまう方へ(感情の選択) 
副腎疲労を疑っている方へ ・当院に気を遣い過ぎてしまう方へ ・不定愁訴が気になる方へ
意識から心を落ち着ける方法 ・なかなか症状が改善しないと感じる方へ
提供:奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ(りらくうぇーぶ)」
料金メニュー ・地図(アクセス) ・大切な質問 ・患者さんの声 ・院長プロフィール

生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地