生駒で「対人恐怖症・あがり症・過緊張」を和らげる整体院

 
対人恐怖症?
 
どうしても緊張が取れない方へ
 
 
精神的な不安がなかなか取れず、これまで当院の心のしんどさを無くすポイント
うまくいく感情と「思考」心のコンプレックスのはずし方「執着」を捨てればうまくいく
を読んで、頭では理解できるし感覚的にも楽になった、けど、どうしてもまだ人前では過剰に
緊張してしまう。あるいは、感覚的にもまだまだ楽とまでは感じられないというような方々に、
是非読んで頂きたい内容です。ここでは、奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
が、対人関係が苦手な方の気持ちをラクにする方法の1つをご紹介致します。
この内容が、少しでも皆様にとって有益な情報であれば幸いです。

このページでは、以下の内容を順にご説明します。

・このような対人関係でしんどくなっていませんか?
・対人恐怖症、あがり症、人前で緊張が取れない原因は、
・過去の経験から学んだ習慣とは、
・対人関係で気持ちをラクにする方法
・対人関係が上手くいく方法「演じる」
・緊張しないコミュニケーション能力を広げる「演技」
・演じる上での注意点
・対人恐怖症、あがり症、過緊張を助ける生駒市の整体院

気になる方は是非ご覧ください。

               生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

あなたは、このような対人関係でしんどくなっていませんか?

 
人前で異常に緊張する。。動悸。。汗。。声が上ずる。。
 
 会社の朝礼で、発言がいつも異常に緊張する。
 授業中に、本読みで先生に当てられるのがとても嫌。
 人混みの多い所は苦手。電車に乗れない。
 電車に乗れても対面に他人が座るだけで緊張してしまう。
 友人・知人、誰であれ人と会っている時間は対応できるけど常に緊張が取れない。
 極度の人見知りなので、自分の全てを話せる人が居ないがそれで良いと思っている。
 傷つくのが嫌(怖いから)常に猫を被って本音を押さえつけて生活をしている。
 自分がどう思われてるか気になるし、どう思っているかも気になる。

誰だって多少は感じそうな事ですが、
こうならないように意識をしていても過剰に緊張してしまう方も多いです。
これらの心の緊張を少しでも和らげる為に、まずは原因を見つけていきましょう。

※人前で過緊張になる「対人恐怖症」とは、
 昔の精神科や心療内科が使っていた言葉で、現在では、
 対人恐怖症とは表現せずに、「不安神経症」と言われる事が一般的です。

対人恐怖症・あがり症、人前で緊張が取れない原因は、

 
人に緊張感を抱く心理とは、
 
対人で緊張してしまうという心理には、人に自分を良く見せようという想いが働いている
と言われます。言い換えると、自分をカッコよく見せたい。自分をよく見せて褒められたい。
勝手に緊張するのは、ただ自分が甘えているだけ。と何処かで聞いたことがあるかもしれません。

しかし、本当の過緊張、対人恐怖症などのような状態の背景には、
そのような事柄で片付けられる状態ではありません。

上記に当てはまるような対人の緊張が強くある人の多くは、
過去にとても辛い経験があり、それが無意識に反映されている状態です。
過緊張・対人恐怖症などを改善していくには、過去の経験から学んだ習慣を見直す必要があります。

過去の経験から学んだ習慣とは、

 
過去の経験から学んだ習慣
 
我々は自分の過去の経験から学び、行動する習慣があります。
無意識に、分かってほしいのに分かってもらえない葛藤で苦しんだ結果、
一般的に過緊張の人は、このような段階を経て、様々な自己の解決法を見出していきます。

 相手の警戒心を解くために、
  自分は無害だと主張する為に常に作り笑顔をする。猫を被る。
   (それでも上手くいかなかったら、、)

 誤解を招くのを避けるために、
  自分の発言を控える。言いたい事を我慢する。
   (それでも上手くいかなかったら、、)

 感情を抑える癖が付き、
  徐々に表情が固くなり周りとの接点が自然と減る。 
   (その状態が続くと、、)

 その結果、
  ストレスが溜まりやすく疲れやすい状態になる。
   (それで対人が怖くなる。「対人で過緊張になる。」)

これらはすべて「物事を円滑に進めたい」という前向きな行動の結果です。
過緊張・対人恐怖症とは、過去の辛い悔しい経験から抜け出そうと編み出した己の技によって、
それが裏目に出て周りに伝わらず苦しい思いを虐(しいた)げられる状態と言っていいでしょう。

そんな人が「過緊張は甘えから」というような文面を見ても何の解決にもなりませんので、
ここで気持ちをラクにする方法の1つをご紹介します。

対人関係で気持ちをラクにする方法|生駒市の整体院

 
緊張はした方がいい?しない方がいい?
 
まず、緊張感というものは社会生活を送る上でも、プライベートを楽しむ上でも、
適度に必要なものです。緊張感がある事により心身が引き締まり、集中力を発揮します。
それが過剰に出てしまうと疲れやすいですよね。特に対人関係においては、過剰な緊張で、
自律神経が乱れ、顔がこわばり、心がこわばり、体がこわばります。対人関係が苦手な人は、
この事から、コミュ二ケーションが苦手な人という事になります。

対人関係で気持ちをラクにする方法としては、
コミュ二ケーションに対しての緊張は嫌でもしてしまう。まずは、それでOKとして下さい。
別に緊張があってもいい。緊張は決して悪いものだと言い切れるものではありません。

そして、
コミュ二ケーションを円滑に行う1つの手段として、「演じる」という手段があります。
緊張の事は一旦置いておいて、次に、対人関係が上手くいく演じ方について見ていきましょう。

対人関係が上手くいく方法「演じる」

 
人は誰でも演じています
 
人は誰でも自分を演じています。その土地、性別、年齢、仕事、などに合わせて、
なりたい自分というものを演じています。演じる事は、自分に嘘を付いている訳ではなくて、
誤魔化しているのでもなくて、猫を被っている訳でもありません。本当の自分を、
演じながら出している事になります。

例えば、バイクに興味が出てきたとします。
大きいバイクにまたがって真っ黒の革ジャンを着て、
ごついブーツを履いて、ターミネーターみたいなサングラスをかけて、風になってみたい。

格好良いですけど、冷めた目で言うとコスプレですよね。
はじめは自分の憧れとするバイカー像を演じるという事になります。
そして、演技の継続によって演じる幅が伸びると、それはただのコスプレではなく、
次第に自分の一部となります。バイクが趣味の1つとなりそれが自分の一面となります。

この作用を活かして自分の幅を広げコミュニケーション能力を広げる事ができます。

緊張しないコミュニケーション能力を広げる「演技」

 
なりたい自分を演じてみる
 
演技というのは、自分の中にあるものを更に育てていく行為でもあります。
ちょっと恥ずかしいけど演技だと思う事で度胸が付いたり、その行為が逆に面白く感じたり、
ストレス、緊張、負い目を軽減しながら自分の幅を楽しく広げていく手段の1つです。

そして、その演技を続けると、段々板に付いてきます。
やがては馴染みきって演技の部分も本当の自分という様に定着します。
これによって、はじめは嫌だった緊張することも次第にこなせる自分になれます。

対人恐怖症からの克服|生駒市整体院例えば、本来の自分は人見知りで気分屋で対人関係が苦手で緊張する人だとします。
でも、堂々としたいという願望も本来持っている人。その人が、
自分の「堂々としたい」という感性を使って「堂々としてる人」を演じ続けると、
やがて、それが身になり「堂々としている自分」が本来の自分の一部となります。
この工程が、対人恐怖症・過緊張・あがり症を和らげていく工程です。

これは、人がスムーズに成長していく日常の工程の1つと言っても良いでしょう。
女性は、結婚する事でこれまでの恋人という演じ方から、妻という演じ方に変化させ、
子供が出来ると更に、親という演技も磨かなければなりません。そうやって我々は日々、
快適に生活できるように演じる事で感性を伸ばし、過緊張を防いでいます。

演じる上での注意点

 
いい人ばかりを演じない
 
社会的に、いい人を演じると比較的コミニケーションがうまくいきますが、
そればかりだと長くは続きません。「ねばならない」が多い人は、いい人を演じ過ぎて、
逆に感情を抑圧してしまう事があります。感情の抑圧は自律神経を乱し心身に不調を
きたしますので、感情を解放できるような演技をされるようにしてください。
本当は出したいけど出すのが恥ずかしいような感性を育てるような演技がお勧めです。

これは、自分事で申し訳ありませんが、
院長の僕も本来の素の自分というのは、わがままで気分屋で極度の人見知り、
けど「誰かの役に立ちたい。」という一面も少しはある状態でした。それでこの事を学び、
実践し、専門知識と経験を積み重ね今があると思っています。
 
 
因みに、自分なりにユーモアを入れて実践するとこのような感じです↓。

↑この動画は今見ても恥ずかしいと思う自分も居ますし、その反面で、
ユーモアも含んでこのページの説明にマッチした動画だと自賛する自分も居ます。

「いきなり演技と言われても、」と、戸惑いのある方は、
全く自分に無いものを演じるのは不可能ですので、まずは、
本来の自分から自分の伸ばしたい部分を見つける事からはじめましょう。

対人恐怖症・あがり症・過緊張を助ける生駒市の整体院

 
いかがでしたでしょうか?
 
以上の内容が、あなたにとって少しでもお役に立つものであれば良いのですが。
生駒市の当整体院では、対人恐怖症、あがり症、過緊張などで、どうしても、
緊張が強くなるような方々の感性を伸ばすお手伝いもしています。

これを読んで、無理なく実践したけど変わらない。。
もしくは、このような事は実践できない。。
もっと良くしたい。。

と言う方は、

生駒市の当整体院が、
直接、緊張緩和のお手伝いができます。

生駒市の自律神経専門整体院が出来る事。

体から自律神経を整える整体と、心身のカウンセリングで、
対人恐怖などの過緊張を、直接的に緩和するお手伝いが出来ます。

(それぞれの詳細は、各ブルーの文字をクリック下さい。)

「演技」だけが対策ではありませんが、
少しでも日常の緊張が過剰なあなたの力になれば幸いです。

・気になる施術料金や施術間隔については、コチラをクリック下さい。

・その他、気になる質問については、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
対人恐怖症・過緊張・あがり症など心身の緊張を和らげる整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地

その他、対人恐怖症などの人のお役立ち情報。

対人恐怖症などでお困りの方へ。よろしければ、以下のページも参考にされてください。
(※ブルーの文字をクリックすると、各専門ページに移動します。)

 当院の特徴
はじめての方へ ・心を患ったご本人さまへ ・そのご家族さまへ
説明しにくい不調がある方へ ・改善を望む皆様へ ・当院のルール ・当院で良くなる人
心身のカウンセリング ・堀江整体で適応の心身症状 ・堀江整体で適応の身体症状 
ご予約方法~施術の流れ~
 自律神経を整えるポイント
自律神経を整える7つの習慣 ・食事で気を付けるべき6点 ・質の良い睡眠方法
適度な運動 ・言葉の大切さ ・高血圧の対処法 ・起立性低血圧の対処法
 「うつ」から元気になるために
背景を知る ・種類を知る ・考え方を知る ・行動を知る ・問題を軽くする
 見て解る対策動画
ふわふわめまいの改善法 ・体から心を落ち着ける方法 ・今すぐ腰痛を治したい方の対処法
日常の腰痛対策動作 ・油断しがちな腰痛対策動作 ・肩こり、四十肩、五十肩ケア
 心のしんどさを無くすポイント
うまくいく「感情」と「思考」 ・「心のコンプレックス」の外し方 ・「本当の自分」 
「心が楽になる」欲求の満たし方 ・「反発する欲求」の満たし方 
「執着」をすてればうまくいく
 体のダルさを無くすポイント
「痛み」と「凝り」の捉え方 ・「姿勢」と「歪み」の事実 ・「冷え性」の対策
「ムクミ」の対処法 ・「産後ケア」の手助け ・「生活習慣病・ダイエット
「健康・美容」への取り組み方
 気になるストレス症状の改善法
呼吸が浅く感じる方 ・偏頭痛でお悩みの方 ・喉の詰まりが気になる方
日常の光が眩しく感じる方 ・今の不安を少なくしたい方
モヤモヤの整理を付けたい方 ・突発的な症状でお困りの方
無気力でお悩みの方 ・常に緊張が取れない方 ・猫背が気になる方
他人を気にし過ぎてしまう方 ・伝えたい人に伝わらないと感じてしまう方
優柔不断?でお困りの方へ ・情緒不安定の理由を知りたい方へ
イライラさせる人でお困りの方へ ・どこまでが病気か気になっている方へ
施術後まだ痛いと感じる方へ ・つい言い訳を多用してしまう方へ(感情の選択) 
副腎疲労を疑っている方へ ・当院に気を遣い過ぎてしまう方へ ・不定愁訴が気になる方へ
意識から心を落ち着ける方法 ・なかなか症状が改善しないと感じる方へ
提供:奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ(りらくうぇーぶ)」
料金メニュー ・地図(アクセス) ・大切な質問 ・患者さんの声 ・院長プロフィール

生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地