うつ病・心の病なら、奈良生駒の自律神経専門整体院・理楽ウェーブ

 
心の病となった方の
 
ご家族さまへ
 
 
ご家族の誰かが欝(うつ)病やその他の心の病を患っている。
少しでもはやく良くなるように出来る事はしてやりたい。環境などを整えてやりたい
けど、どうしていいかわからない。色々と調べても絶対的な対策は無いように思う。
気持ちが先行するばかりで段々と此方も疲れてきた。家の空気が重い。。
自分も徐々に心の不調が出始めているのでは、、

このような状態になると、あなた様も心の病となりかねませんし、
ご家族の病状にもよくありません。ここでは奈良県生駒市の自律神経専門整体院
「理楽ウェーブ」が、心の病になられた方と共に暮らして居られるご家族様の
在り方について書いていきます。絶対的なものではありませんが、是非参考にされて下さい。

心の病となった方と、ご一緒に住んでおられるご家族の方へ

 
あなたの不安もよく解ります。
 
 最初は、いつもの甘えだと思っていたのに本当にしんどそう。
 病院(内科)に行く事を勧めたら、そこでは原因は見つからなかった。
 でも、やっぱり辛そうなので違う病院(内科)にも行ってみた。
 そこで、精神科・心療内科を勧められた。
 正直、「ウチの子に限って」という動揺があった。
 しかし、今ではそれも受け入れて前に進む決意ができた。
 けど、具体的にはどうしていいか解らないし、時々とてもしんどくなる。

当院では、ご家族さまの心配もサポート致します。
 

解っていても、このような関係になっていませんか?

 
心配の気持ちが裏目に出る。
 
今日も調子が悪いからと本人は家から出ないと言う。。確かに顔色も優れない。
けど、これで何日目?先生もこんな状態が続くとは言っていたけど本当にこれでいいのか?
逆に自律神経が乱れて改善が遅くならないのか?太陽の光を浴びて気分転換させてあげたい。

そう思って、叱咤激励をすると、
結果的に逆効果で、更に塞ぎ込み家族間の関係がギクシャクしてしまった。
家の空気も更に悪くなり、症状も悪化したように思えてきた。

そのような頑張り屋さんのご家族様は、こう考えて下さい。

あなたの励ましがプレッシャーになる事もある。

 
余計なお世話はしない。
 
どこまでが余計なお世話かは難しい所ですが、あまりにアレもコレもやり過ぎると、
ご本人は「家族に迷惑をかけている。」というプレッシャーを背負う事になります。
そのような負担を掛けない為にも自然体で接して下さい。

その事も解ってるけど、気になるものは仕方ない。
言わないと、こっちまでしんどくなると感じてしまう方は、
コチラを参考にして下さい↓。

あなたの想いを伝えてください。

 
「○○しなさい」ではなく「あなたの想い」を伝える。
 
もしかしたら、カウンセリングや病院などで「頑張って」「はやく良くなって」など、
本人の負担や焦りに繋がるような事は例え思っていても絶対に口に出さないでくださいね。
と、言われているかもしれませんね。しかし、実際心配に感じているのだから、
我慢の継続は反対にあなたが疲れてしまいます。肉親からしたら心配するなと言うのが
ムリな話で、あなたが今持たれている感情は正常なものです。

でも、そのおかげで家の雰囲気が余計に悪くなっていませんか?

少しでもそう感じた方は、こんな本音を我慢していませんか?
やっぱりはやく学校に行ってほしい。はやく仕事にいけるようになって欲しい。
そこまでしんどいならもう仕事を辞めて違う仕事に就いて欲しい。
家事、育児ができるようになって欲しい。など、

そのようなあなたの「思い」は、
口に出さなくとも雰囲気でその空気感は伝わるものです。思ってる事が言えない空気。
本音と建前を使い分けている空気。敏感な本人はそれらを察知して余計しんどくなります。
それらが続くと、お互い遠慮しあって本音が言えず改善を遅らせてしまいます。

「○○しなさい。」という言い方は論外ですが、
今のあなたの「思い」ではなく、「想い」をご本人の状態が良いときを見計らって、
「私は○○というふうに想っているよ。」と、伝えてみてください。
この場合、「思い」よりももっと真相にあるのが「想い」です。

腹をわってすり合わす。○○して欲しい。なって欲しい。で終わる文章ではなく、
「○○というふうに想っている。」です。想いを伝えるようにしてください。

この「想い」と言うのは、意外と伝わっていません。
互いに好きという想いで結婚した夫婦でも、お互いどの部分が好きなのかは、
結婚生活数十年連れ添った夫婦でも殆どの夫婦は互いに言い当てる事はできません。
試しに、ご主人あるいは奥さんにご自分のどういう所が好きで結婚したのか聞いてみて下さい。
本音で答えてくれたのなら、きっとあなたの予想外の答えが返ってくるはずです。
話は反れましたが、その想いを本人に直接伝えきる事で、あなたの感情の抑圧は解放され、
我慢をしているという思いも無くなり、お互がラクになって改善が早くなります。

そして、このようなスタンスで接してみてください。

いつも通りのあなたで暮らす。

 
別に、あなたがうつと診断された訳じゃありません。
 
ご家族の心配ばかりしていてはあなたのペースが崩れます。あなたは病気ではありません。
あなたの想いが伝えられたら、必要以上に何度もしつこく言う必要はありません。
いつも通りに楽しい事をして、笑って、食べて、ふざけて、ゆっくり寝て下さい。
ご家族の症状に対して「理解を示す」事は必要ですが、あなたまで暗い顔をしていると、
ご本人が余計心配してしまいます。お互いの為にも理解を示した上でいつも通り過ごして下さい。

あなたは先生ではないので、背伸びをせず「任せる所は任せる」とお考え下さい。

「理解を示す」とは、

 
改善には、時間がかかるとご理解ください。
 
こういう症状になっているという把握をして、それを改善していく為には、
時間が掛かるとご理解下さい。長期戦には体力が要ります。その為にも、
力まず落ち着いて行きましょう。

時には先が見えず悲観的になる事もあるかもしれません。
しかし、それも受け入れて、いい意味で諦めて、いい意味で諦めないで下さい。
それぞれのご家庭のスタイルに合わせて、しっかり関わりを持っていきましょう。

「関わりを持つ」とは、

 
人に任せ過ぎは禁物です。
 
ご家族なのでノータッチという訳には行きませんよね。
当院の苦い経験として、高校二年生の子が過敏性腸症候群になり薬も効かない状態で、
ウチに来られて二回の施術で嬉しい事に劇的に改善しました。後は定着させるだけだと
思っていたら、そのお母さんから電話で一方的に施術のストップがかかりました。
理由も明確に言わずに「私はノータッチですから。」と電話をお切りになりました。

僕は、腹立たしい気持ちで一杯になりました。
せっかく改善してきたのに、今止めたら、、
かけがえのないご家族の事です。是非、関わっていきましょう。

「理解」と「関わり」を持って、心地よい距離感を見つけていきましょう。
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」では本当の健康をこのように考えます。

生駒市の整体院が考える「本当の健康」とは、

 
本当の健康とは、
 
家族全員でなるものです。
 
いくら「いつも通り」に過ごせとは言え、娘さんが床に伏せていても自分は、
ピンピンしてるから今日も元気で一日楽しい♪という感覚の人は、通常ならば、
間違いなくいないと思います。
身内の誰かが体調を崩していたら、ご家族の方は、
心配で安らぎを十分に得られません。それは「本当の健康」とは言えない状態です。

 
ご家族の為にも、ご自身の為にも、
以上の事を踏まえて、ご家族全員で「健康」になっていきましょう

 

ご家族様へ、ご家族様の心配が少し軽くなる整体カウンセリング

 
家族全員で健康になる為の整体カウンセリング。
 
ご自身が経験したことがある風邪のような病気の症状なら、対処法は簡単ですが、
自分もなったことがない心の病ともなると、様々な想いや葛藤が出て当然です。
その事で、ご家族様も体調を崩される場合が御座います。家族だからこそ、
色々な感情が入って上手く対応できず、伝わらない事もあります。

お互いがラクになる為に、ご本人さまの施術の付き添いで来られた場合には、
その辺りを少しお話し出来ればと思います。

そして、お互いにしんどい状態が続く場合には、
その辺りが円滑にいくように、ご家族様にも「整体」と「カウンセリング」でサポート致します。
 
ご家族様の中で、不安や心配が募っているご家族さま、
当院の整体やカウンセリングをご希望の方はいつでも仰って下さい。
1回、もしくは2回?、比較的少ない回数で平静が確認できると思います。

理楽ウェーブでは、皆様の本当の健康を願って、
自律神経を整えるこの技術を役立てたいと想っております。

・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。
 
うつなどの心の不調なら家族単位で改善を考える
奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
ご家族の健康を願った安心して通える整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地