日常の光がまぶしく感じられる方 の対策|奈良生駒市の整体院

 
日常の光がまぶしく感じられるのは、
 
ストレスからの自律神経の不調?
 
日常の光が眩(まぶ)しく感じられる要因の1つに、自律神経の不調が考えられます。主に、
自律神経失調症、起立性調節障害、副腎疲労、うつ病などと言われる方々が、日常の光を、
眩しく感じやすいです。ここでは、眩しく感じる構造とその対策について、奈良県生駒市の
自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」がご説明します。説明上、聞きなれない言葉が多く
出てきますが、対策としては難しい事はありませんので、是非参考にしてください。
お困りの皆様の不安が少しでも減らす事が出来ましたら幸いです。

このページでは、以下の内容を順にご説明します。

・このような眩(まぶ)しさでお困りではありませんか?
・なぜ、必要以上にまぶしく感じるのか?構造的理論
・なぜ、電解質コルチコイド(糖質コルチコイド)が枯渇するのか?
・必要以上にまぶしいと感じる人の対策
・眩しく感じる方にお勧めの生駒市の自律神経専門整体院

気になる方は是非ご覧ください。

               生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

あなたは、このような眩(まぶ)しさでお困りではありませんか?

 部屋の照明がいつもより眩(まぶ)しく感じる。
 外を見るとそんなに晴れていないのに目を細めてしまう。
 晴れて天気の良い日は、下を向いていても照り返しが眩しい。
 よっぽど曇ってない限り空を見るのが眩しく頻繁に頭痛もする。
 ショッピングモールやコンビニに入ると店内が眩しく感じる。
 それに伴って軽いふらつきや、めまいなども起きやすい。

眼球やその近辺に異常がない場合、
自律神経の不調によりこのように眩しく感じる可能性が高いです。

そもそも我々日本人の瞳の色素は、黒もしくは茶色で欧米人と比べ光に強く出来ており、
欧米人のように目の位置が奥まった所になくても光に耐えられる構造になっています。
そんな我々が日常で眩しく感じてしまう原因を探っていきましょう。

なぜ、必要以上に眩しく感じるのか?構造的理論

 
電解質コルチコイドの枯渇
 
腎臓(じんぞう)の隣にある内臓器官、副腎(ふくじん)。その周りに位置する
副腎皮質(ふくじんひしつ)から出るホルモン(総称:副腎皮質ホルモン)の1つである
ステロイド系のホルモンが、電解質コルチコイド(鉱質コルチコイド)です。

電解質コルチコイドは、血圧を上げる為のホルモンです。
これは、交感神経が優位の時(ストレスを感じた時)により分泌されます。
これらを、ストレスに負けないホルモン「抗ストレスホルモン」と呼ぶとしたら、
眩しく感じるのは、ストレスの受け過ぎや、栄養面の偏りから、電解質コルチコイドの枯渇、
「抗ストレスホルモンの不足」によって、瞳孔が開いた状態が続き、日常がより眩しく感じます。

簡単に言うと、
人はストレスを感じるとそれに負けないように副腎から「抗ストレスホルモン」が出ます。
その抗ストレスホルモンが減ってきて、瞳孔の調節ができなくなって眩しく感じるという事です。
光もある意味ではストレスになるので、副腎から出る抗ストレスホルモンによって、受ける量を
調整する必要があるのですが、その調節が下手になってしまった状態です。

朝起きて、目を開けた瞬間、眩しく感じるのは、、

今まで睡眠によって副交感神経が優位な状態が続いたから、
体内で電解質コルチコイドが低い状態で、急に目に光が入って来たから眩しいと感じる。
目覚めるに連れ、徐々に交感神経が優位になり、電解質コルチコイドが分泌され、
血圧が上がる事で、我々は眩しさにも対応し、動きやすい状態を作ります。

なぜ、電解質コルチコイド(鉱質コルチコイド)が枯渇するのか?

 
生命エネルギーの低下
 
電解質コルチコイドの枯渇の原因で考えられる事は、生命エネルギーの低下によるもの
が大きく考えられます。副腎皮質ホルモンの調節の経路は、脳の視床下部(ししょうかぶ)
から命令が下される事で起こります。簡単に言うと、ストレス過多により自律神経が乱れ、
それらの調節がうまくいかず電解質コルチコイドが枯渇してしまうという訳です。

このようにストレス過多で、副腎の抗ストレスホルモンがストレスに追いつかなくて、
副腎が疲れてしてしまい抗ストレスホルモンが枯渇する状態の事を、副腎疲労症候群とも
言われます。当院では、副腎疲労症候群も自律神経と深い関りがあると考えています。

必要以上に、眩(まぶ)しいと感じる人の対策

日常で眩しさを感じやすい人の日頃の対策としては、主に3つあります。
 
 一日中、真っ暗な所で過ごさない。
 
眩しかったら必要以上に明る場所を避けるというのも対策の1つです。しかし、
生命エネルギーを満たすのに太陽の光というのは欠かせないものです。もちろん、
太陽の光は浴びすぎると害になりますが、自律神経を整える為にも、体内時計を
リセットする為にも必要なので、昼間は真っ暗にせず少し明るい部屋に居てください。
皮膚が明るさを感じれば、脳からメラトニンが分泌され体内時計を正常化します。

その際、青みがかった真っ白なLEDの下では刺激が強いので、できれば、部屋の照明を、
電球色(少しオレンジ色)に変えて下さい。夕日や焚き火の本来の自然の色に近づける事で、
生命エネルギーが下がった精神が安心します。
 
 
 外気に触れる。
 
できるなら日の光を直接浴びる時間を1日20分ほど取ってください。
これは直射日光を浴びるという事ではなく、日陰でも天気が悪くても、
ガラスを通すと太陽光の質が変わってしまうので、ガラス越しではなく、
大気に触れて太陽を感じるようにベランダや外に出る時間を設けて下さい。

これら1・2の行動に、眩しすぎると感じては逆にストレスになりますので、
眩しく感じられる方は、何処でも薄いサングラスをして無理のない程度にお過ごし下さい。
※この場合、眼球に光を当てるのではなく、皮膚に光を感じさせるのが目的ですので、
 サングラスを掛けることは妨げになりません。

 
 
 ナトリウムを少し多めの食生活にする。
 
血圧が高くなければ、
カリウム(水分)が少なめで、ナトリウム(塩分)が少し多めの食生活をして下さい。
電解質コルチコイドが足らなくなると、体内はカリウムが多くナトリウムが少なくなります。
この状態からバランスを取る為の食事方法です。(交感神経を上げ易い食事法)

ナトリウムを多く含む料理(肉料理や魚料理などを、すこし多めに取る。)
カリウムが多く含まれる料理(生野菜のサラダなどを、すこし少なめに取る。)
 
以上が対策となります。
よろしければ、出来る範囲で無理なく取り入れてみて下さい。
 
 
それでもなかなか改善がみられない場合、

体から自律神経を整える生駒市の当整体院の施術がお勧めです。

眩しく感じる方にお勧めの 生駒市の自律神経専門整体院

今までの説明から、必要以上に眩しく感じるという方は、
眼球や視神経やそれに関わる脳などに器質的な問題が無い場合、
副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)が枯渇する事に問題があります。

違う言い方をすると、
何らかの心身のストレスが多過ぎて、抗ストレスホルモンが枯れちゃって、
通常なら、強めの光に対して黒目を小さくする眼球運動をするところが、
その力が出ない。から眩(まぶ)しい状態が頻繁に続くという事です。

その影響は、脳の司令塔である視床下部(ししょうかぶ)に及び、
血圧コントロールを含めた自律神経の働きに大きく関与してきます。

なので、上記の対策を講じてもなかなか改善が見られない場合、
体から自律神経を整えて行くという当整体院の整体がお役に立てると思います。

(※ブルーの文字をクリックして頂くと、各詳細ページに移ります。)
 
 
まとめると、必要以上に眩しく感じるという事は、
良く言えば、それまで体がリラックス出来ていた証拠とも言えますし、
悪く言えば、体に力が入らない証拠、ストレスが過度にある証拠とも言えます。

今、症状が気になって、このページをご覧の方々の殆んどが後者だと思います。

また、眩しいという訴えの症状は、無気力、不眠症、起立性調節障害、不安神経症、
自律神経失調症、副腎疲労症候群、ストレス障害、欝(うつ)病、など、
自律神経を崩された方が訴える症状の1つでもあります。

状態が続かない為にも、進行を防ぐ為にも、改善していく為にも、
当院の知識と技術が少しでもお力になれれば幸いです。

・気になる施術料金や施術間隔については、コチラをクリック下さい。

・その他、気になる質問については、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を調整して、あなたの心身をコントロールしやすくする整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地

その他、眩(まぶ)しく感じる人のお役立ち情報。

まぶしく感じる方へ。よろしければ、以下のページも参考にされてください。
(※ブルーの文字をクリックすると、各専門ページに移動します。)

 当院の特徴
はじめての方へ ・心を患ったご本人さまへ ・そのご家族さまへ
説明しにくい不調がある方へ ・改善を望む皆様へ ・当院のルール ・当院で良くなる人
心身のカウンセリング ・堀江整体で適応の心身症状 ・堀江整体で適応の身体症状 
ご予約方法~施術の流れ~
 自律神経を整えるポイント
自律神経を整える7つの習慣 ・食事で気を付けるべき6点 ・質の良い睡眠方法
適度な運動 ・言葉の大切さ ・高血圧の対処法 ・起立性低血圧の対処法
 「うつ」から元気になるために
背景を知る ・種類を知る ・考え方を知る ・行動を知る ・問題を軽くする
 見て解る対策動画
ふわふわめまいの改善法 ・体から心を落ち着ける方法 ・今すぐ腰痛を治したい方の対処法
日常の腰痛対策動作 ・油断しがちな腰痛対策動作 ・肩こり、四十肩、五十肩ケア
 心のしんどさを無くすポイント
うまくいく「感情」と「思考」 ・「心のコンプレックス」の外し方 ・「本当の自分」 
「心が楽になる」欲求の満たし方 ・「反発する欲求」の満たし方 
「執着」をすてればうまくいく
 体のダルさを無くすポイント
「痛み」と「凝り」の捉え方 ・「姿勢」と「歪み」の事実 ・「冷え性」の対策
「ムクミ」の対処法 ・「産後ケア」の手助け ・「生活習慣病・ダイエット
「健康・美容」への取り組み方
 気になるストレス症状の改善法
呼吸が浅く感じる方 ・偏頭痛でお悩みの方 ・喉の詰まりが気になる方
・日常の光が眩しく感じる方 ・今の不安を少なくしたい方
モヤモヤの整理を付けたい方 ・突発的な症状でお困りの方
無気力でお悩みの方 ・常に緊張が取れない方 ・猫背が気になる方
他人を気にし過ぎてしまう方 ・伝えたい人に伝わらないと感じてしまう方
優柔不断?でお困りの方へ ・情緒不安定の理由を知りたい方へ
イライラさせる人でお困りの方へ ・どこまでが病気か気になっている方へ
施術後まだ痛いと感じる方へ ・つい言い訳を多用してしまう方へ(感情の選択) 
副腎疲労を疑っている方へ ・当院に気を遣い過ぎてしまう方へ ・不定愁訴が気になる方へ
なかなか症状が改善しないと感じる方へ
提供:奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ(りらくうぇーぶ)」
料金メニュー ・地図(アクセス) ・大切な質問 ・患者さんの声 ・院長プロフィール

生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地