「本当の自分の見つけ方」生駒市の自律神経専門整体院・理楽ウェーブ

 
本当の自分がよくわからない方へ
 
無理のない自分の見つけ方
 
 
意識の種類も把握できたし、感情の欠落は無いと思う、客観的にも考えられるが、
どうしても感情の整理が付かないというか、自分に合ってる表現方法が分からない。
相手の対応が悪いのか自分の対応が悪いのか人とのコミュニケーションで必要以上に、
色々と思い悩んでしまい疲れてしまう。ここでは奈良県生駒市の自律神経専門整体院
「理楽ウェーブ」が、そのような方々が自分に合った表現法を見つける為の手掛かりを、
心理学を応用して紐解いて行きたいと思います。お悩みの方は是非、参考にされて下さい。

あなたは、このような感覚でお悩みではないですか?

 娘の躾(しつ)けがしんどい。同じ事を何回言っても改善しない。
 息子のイヤイヤ期に頭痛がする。もう育児をする自信がない。
 夫に意見をしてもどうしても解って貰えない。イライラする。
 妻の言葉がいちいち勘に触る。昔と違って力になろうと思えない。
 上司に自分の考えが解って貰えない。確り丁寧に説明してるつもりなのに。
 部下の教育が分からない。厳しくすればついて来ないし、甘くすれば成り立たない。
 先生に自分の意見が伝わらない。明らかにこっちが正論なのに。
 生徒の心の問題が解決できない。気持ちはあるが心の内を汲み取ってあげられない。

当院でもこのような問題でお悩みの方は多いです。
育児、夫婦、仕事、学校などの場で、相手の事で思い悩んでしまう。
解決するつもりで相手の事を考えて伝えてるのに伝わらない。このような事が続くと、、

もしかして、自分に非があるのではと考え出し、何が正しいのか判断がぼやけてしまう。
本当の自分がよくわからなくなる。

このような状態が続くと、精神的ストレスとなり自律神経を崩し、
自律神経失調症やそれ以上の症状(欝など)に発展する事があります。
今の負担を楽にする為に、心理学的に自我を見て傾向と対策を立ててみましょう。

心理学的に自我を見る

 
エゴグラム
 
エゴグラムとは、アメリカの精神医、エリックバーンが提唱した交流分析のを基に、弟子の
ジョン・M・デュッセイが考案した性格診断法です。その中では、人の心を5つに分類し、
その5つの自我状態が放出する心的エネルギーの高さをグラフにしたものです。
生駒市整体院のエゴグラムこの5つの自我のバランスが元々の自分の本来のものとはかけ離れた放出形態にあれば、
自己が過度のストレスを感じます。また、他人の心にもこのような5つの自我があり、
それぞれに個性があるようにエゴグラムの形が違うと認識できれば、今、あなたが、
伝わりにくいと感じている人にも、あなたの思いや意見が伝わり易くなります。

エゴグラムは、相手、自分、双方の感覚の差(誤解)を理解する方法の1つであり、
お互いの過剰なストレスを減らし、意志の疎通をスムーズに図るキッカケとなるものです。
それでは、誰もが持っている5つの自我の中身を見ていきましょう。

誰もが持っている5つの自我

エゴグラムはこのような5つの自我により構成されています。

・CP(クリティカルペアレント・厳しい父親的考え)
厳しい父親的一面。自分の価値観を正しいものと信じて譲らず、
責任を持って行動できる分、他人には批判的。この部分が欠けると断る力が欠ける。

・NP(ナーチュリングペアレント・優しい母親的考え)
優しい母親的一面。愛情が深く思いやりがあり、他人の為に行動できる。
母性本能が強く世話好きで保守的。この部分が欠けると自分を愛せない。

・A(アダルト・自律した大人の考え)
大人な一面。理論的に発言行動でき、知的で計算力が高く、
聡明で頭脳明晰で合理的。この部分が欠けると冷静になれない。

・FC(フリーチャイルド・自由奔放な子ども的考え)
自由奔放な一面。明るく好奇心旺盛でユーモアがあり、束縛が苦手で、
わがままで自己中心的。この部分が欠けると楽しみを見いだせない。

・AC(アダプタードチャイルド・従順な子ども的考え)
従順な一面。他人からの評価を気にして言いたい事を我慢する。
遠慮がちで順応的。この部分が欠けると協調性が欠ける。

親らしさ(P;ペアレント)、大人らしさ(A;アダルト)、子どもらしさ(C;チャイルド)
この3つの立場的な要素と、厳しさ(C;クリティカル)、優しさ(N;ナーチュリング)、
自由奔放(F;フリー)、従順(A;アダプタード)の性格的な要素で構成されています。

このグラフを出すには50項目の3択の質問に答える事により完成します。
どの形のグラフが良いというのではなく、自分のグラフの形状を理解して、
問題解決をスムーズに図るという指針となるものです。

エゴグラムの注意点

確かに、エゴグラムは指針となるものですが、今、自分を見失いかけている方は特に、
エゴグラム(50の質問に答えていく行為)をすると、時間や日によって、
その結果が血圧のように変化します。

当たり前ですよね、決断力が鈍っている状態の人が直感で50の質問に答えたら、
次の日、常に同じ答えの訳がありません。それで逆に自分がわからなくなったり、
血圧と同じように何回かやれば平均が出ると思いますが、その行為がストレスになります。

今、あなたに一番大切なのは、

 
誰でも5つの自我があり、その比率が異なるという事実です。
 
自分を含め相手にもこの5つの自我があり、その比率が異なるという事実を意識する事です。
そして、今まで意志の疎通ができなかったような相手と接する時は、自分は、どの自我を優先で
相手に示していたのかを思い返し、相手を見つめどの自我なら受け入れ易そうかを考えます。

考えても答えが出ない場合は、
取り敢えず、あなたが今とは違う自我を優先して出してみましょう。
ここで自我を切り替えるパターンと組み合わせるパターンの2つの例を挙げてみます。

育児が辛い。息子が言う事を聞いてくれない。ときの対処法・切り替え

 
歩くのが遅いお子さんに対して、
 
母親であるあなたは、もちろんNP(母親的一面)優先で優しく接します。それでも、
ゆっくりしか歩かない我が子。今度はCP(父親的一面)で、「もう、はよ歩き!時間ないで!」
と言っても一向に歩くペースを変えないマイペースな息子。終いには、
「もう!!ええかげんにして!ママこの後の用事できひんやんかっ!!」
と自分の都合まで混ぜて更に怒って、それでも反応しない息子にイライライライラ。

そんな時は更に自我を変えて、FC(自由奔放な子ども)になってみて、
「あそこまで競争しよっか(^^)よぉ~いドン♪」と言って自分が軽く走り出す。
そうすると、遊びに負けたくない息子は楽しく早く歩く(走り出す)という具合です。
それでも冷めた反応なら、また違う自我を試してみてください。
生駒市整体院の育児ストレス改善法の1つ
感情を捨ててない人は、この5つの自我が必ず存在しますので、少し出すのが苦手な自我も
あるかと思いますが、疎通が前に進まないようなら自我のダイヤルを回して行きましょう。
より複雑に色々な要素が絡み合っている場合は、以下を参考にしてください。

会社の嫌な上司の事ある毎の説教が辛い。ときの対応法・組み合わせ

 
厳しい上司への対応
 
部下であるあなたには、厳しい上司があなたの為にと説教をします。それが毎日苦痛で
仕方ありません。上司から指摘されたミスは誠心誠意謝ってきたつもりでも、上司の小言は
止まりません。どさくさに紛れて間違った事を言われ、此方がそこを指摘しても火に油を注ぐだけ。
そのような時は、今までのA(大人の対応)やAC(従順な一面)を変えてみるのが良いでしょう。

今まで通り、上司の考えを十分にくんだ上で、返答をしてから、失礼のないように、
開き直る訳でもなく自分の感情をNP(母親的一面)を使って出してみましょう。
優しく思いやりを持って、「いつもご指摘ありがとうございます。失礼を承知で言わせて
頂きますが、○○部長にそのように言われたら正直怖いんです。勿論、自分が悪いんです。けど、
常に厳しい目でずっと見張られている気がして、胃がキリキリしてしまい毎晩中々寝付けなくて、
申し訳ありませんが、逆に仕事に支障を出してしまうような状態なんです。
頭では分かってるんですが、緊張し過ぎてしまいます。申し訳ありません。」

大人同士解り合える一番の方法は、本人に自分の旨を伝える事です。
仕事の場合、それが、分かっていても一番難しく勇気のいる事でもありますよね。

この場合は、CP(父親的一面)を頭でしっかり持った上で、
NP(母親的一面)で表現するという事が必要です。
(CPとNPのボリュームを上げる必要がある)

生駒市整体院のエゴグラムの応用2色々な要素が複雑に絡み合って一筋縄ではいかない場合、最適だと思われる2つのダイヤル
(自我)を使って、自分に合うボリュームを調整してみましょう。正しく伝えようと思って、
いきなり言葉を選ぼうとしても出てこなかったり、行き詰ったりするので、まずは、
5つの自我の出し方から調整してみましょう。

(何を言っても反論になるという状況なら、昇華という方法でストレスを減らして行きましょう。)
昇華(しょうか)とは、満たされない心の欲求を違う場所で違う行為に置き換えて満たす行為です。

このように5つの自我を意識的に切り替えて行ったり、
意識的に組み合わせて行うことで辛い状況が良くなる場合があります。

そして、余裕が出たら、自分の得意な自我を伸ばしていきましょう

 
得意分野を伸ばす事
 
この事が自分らしさを取り戻す方法です。CP、NP、A、FC、ACと意識してみて、
自分がしっくりくる所の感覚や組み合わせを伸ばして行きましょう。上手くいくには、
どうなった方が良いという事はありません。自分がどうなりたいかが最優先であり、
それが見つかる手掛かりになります。過度な心の迷いも軽減し、余計なストレスが減り、
個性を活かした快適な生活を送る為に、自身の得意分野の自我を伸ばして行きましょう。
生駒市整体院の仕事ストレス改善法の1つ

改めて、CP(厳格な父親的考え)、NP(寛大な母親的考え)、A(自律した大人の考え)、
FC(自由奔放な子どもの考え)、AC(従順な子どもの考え)、と意識してみて、
イコライザーで音色を調整するように、自分のしっくりくる感覚(音色)を見つけて行きましょう。
自分のしっくりくる感覚を見つけるには、実際に色々と試してみる・音を出してみる事が一番です。

もう失敗したくない。失敗するのが怖いから一発で決めたい。そう思って、
頭の中でこのイコライザーをいくら弄っても実際に音を出してあなたの耳で聴かないと、
あなたの音は完成しません。心地よい音楽を演奏する人気バンドの「音合わせ」のつもりで、
音を出しながら(色々と試しながら)調整していきましょう。

そして、自分にしっくりくる自我のバランスが見つかれば、出来る範囲で、
それに合わせた環境に身を置くのも良いでしょう。例えばNP(寛大な母親的考え)が強い人なら、
ボランティアや福祉活動に目を向けるなど、自分の得意分野を伸ばす事が自分らしさに繋がります。

ただし、5つの自我のウチのいずれかが全く0(ゼロ)になってしまっては、
自律神経のバランスが崩れ心身に支障が出ます。どの自我も捨てないようにしておきましょう。
その上で、低い自我(未成熟な自我)を高めていく取り組みも、場合によっては必要でしょう。

状況によって、意識的に柔軟に自我を切り替える方法・組み合わせる方法、
快適な生活を送る為に、自分の得意な自我を伸ばしていく方法、
あなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。

生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」は、
余計なストレスを減らす為にあなたの自我を大切にします。

その次に問題になりそうなのがコチラです。

知識だけで解ったつもりにならないように、実際に自我が整理できるように、
体から自律神経を調整してお手伝いをさせて頂きます。

奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を調整して、心の葛藤・体の重みを軽くする整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地