自律神経と起立性低血圧|生駒市の自律神経専門整体院

 
低血圧でお悩みの方へ、

自律神経と起立性低血圧の関係性。
 
 
低血圧が引き起こす症状として立ちくらみ(起立性低血圧)、冷え性、ムクミなどが挙げられます。
これらを改善していくには、必要時に血圧を高められる事が必要になります。血圧を高めるのは、
自律神経の交感神経を優位に働かせる必要があります。普段、健康診断で引っかからない血圧でも
一時的に状況により低血圧になり、立ちくらみ・冷え・ムクミが起こる事も十分ありえます。
今や医学博士の安保徹先生をはじめ医療の世界では自律神経に注目されている医師も増えています。
ここでは奈良県生駒市の自律神経専門整体院が「自律神経と起立性低血圧の関係性」を踏まえて、
我々が意識するべき点について書いていきます。よろしければ是非参考にされて下さい。

このページでは、以下の内容を順にご説明します。

・自律神経と起立性低血圧について、
・「起立性低血圧(立ちくらみ)」の気分の悪さと感じたら、
・「起立性低血圧(立ちくらみ)」になりやすい方の特徴と対策
・「起立性低血圧(立ちくらみ)」で気を付ける3つのポイント
・自律神経と血液と低血圧(立ちくらみ)の関係
・起立性低血圧を根本改善するのには、
・血圧、自律神経の関連を見る「ポリヴェーガル理論」
・「ポリヴェーガル理論」から見た低血圧の人の反応傾向
・副交感神経型の人が起こす主な身体反応
・副交感神経型の人が、「自律神経を整える為の主な対策」

気になる方は是非ご覧ください。

              生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

自律神経と起立性低血圧について、

■ 自律神経と起立性低血圧

低血圧の方は、自律神経を整える必要があります。

起立性低血圧とは、座っている状態から立ち上がる時に立ちくらみがする症状です。
立ち上がったスグにいきなりクラッときたり、しばらくして徐々にしんどくなったり、
一言で立ちくらみと行っても症状は様々です。主な例は、朝礼でしんどくなったり、
通勤電車の中でしんどくなったり、夜中のトイレに起きる時にクラッときたり。

これらが起こる原因としては、自律神経の反応の悪さが挙げられます。
心臓は常に全身に血液が巡るように動いています。座っている時の血液の送り方も、
心臓より上(頭)と下(下半身)に血液を巡らせてます。
 
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」の起立性低血圧
 
それが立ち上がる瞬間に、
頭の血液は、頭が上に移動する分、重力に引っ張られるように下にさがるので、その分、
いきよいよく血液を頭に送る必要があります。それが自律神経の反応の悪さにより、
適切にできずに立ちくらみなどの起立性低血圧の症状が起こります。

起立性低血圧の方は、
血液を頭に上げる判断と指令を出す脳の視床下部(ししょうかぶ)が、
正常に働くように自律神経を整える必要があります。

「起立性低血圧の気分の悪さ」と感じたら、

 
ご自身が起立性低血圧と感じたら、またはそのような事を言われたら、
急な動きは避けて行動して下さい。

立ち上がる時に、自律神経反射の低下によって心臓から脳に行く頚動脈の血液の量が
一瞬減りますので、急な動きをするほどその症状はきつくなります。
また、起立性低血圧が精神的なストレスに感じてしまうと余計に状況が悪くなりますので、
まずは、ゆったり構えて、おおらかに過ごす事が大切です。

落ち着いて行動すると、やがて血液が追いついてきて正常に戻ります。
しかし、そのままだといずれまた現れる症状なので前向きな対処が必要です。

「起立性低血圧(立ちくらみ)」になりやすい方の特徴と対策

 
 普段の声に力がない。
 おっとりしていて人見知り。
 怒るという事が苦手。

以上の3つが挙げられます。性格的な面もあるのでこの事がいけない訳ではありませんが、
比較的、感情を出すのが苦手な人が起立性低血圧になりやすいという傾向があります。

このような性格の方は特に自分で感じていなくても何かに我慢している事が多く、
知らないうちにストレスを溜め込みやすいので、嫌なことがあっても、
交感神経優位の怒りではなく、感情を出さない落ち込み方になりがちです。

しっかり自分の時間を持って気分転換ができる生活。
日常の仕事から私生活まで楽しめる生活。を意識して目指しましょう。

「起立性低血圧(立ちくらみ)」で気をつける3つのポイント

 
1、生活習慣が乱れている方は、
  此方を参考に自律神経を整える為に体内時計を意識されて下さい。
   (自律神経を整える7つの習慣へクリックで移動します。)

2、急に立ち上がる癖のある方は、
  一度、行動を起こす前に「今から立つぞ!」と、
  再度頭の中で意識をされてから立ち上がるようにして下さい。

3、圧着靴下、ストッキングなど、
  長時間体を締め付けるようなものを着用しておられる方は、
  なるべくそれをさけて、体に圧迫が少ないものを身に付けるようにして下さい。
 

自律神経と血液と低血圧(立ちくらみ)の関係

自律神経はこのように血液に作用します。
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」の自律神経と血液
普段、自律神経の働きによって血管を調整し、血圧と血流をコントロールしています。
交感神経の働きで血管を細くして高血圧の状態になり血液を遠くまではやく運び、
副交感神経の活躍で血管が広がり血圧を下げて心体をリラックスさせます。
それが感情を出しにくい方は右下の図のような反応になります。

起立性低血圧の原因..座っている状態から立つときは、移動の重力によって脳に血液が行きにくい状態を補うために、
交感神経の力で血管を細くして血圧を上げ脳まで血液を巡らせる必要があります。
起立性低血圧の方は、副交感神経が優位にありその切り替えの反応が遅れてしまいます。
それによって、脳が一時的に血流不足となり立ちくらみなど気分が悪くなります。

起立性低血圧の方は、自律神経の切り替えの反応を良くしていく必要があります。
まずは、生活習慣で見直す点があれば見直して基盤を作っていきましょう。
次に、感情を出す「ストレスの発散」を意識されると良いでしょう。

「起立性低血圧」を根本改善するのには、

 
総合バランス
 
起立性低血圧の根本改善には、上記でご説明したような正しい血管の収縮ができるように、
ストレス度合、性格、体質、睡眠・食事などの生活習慣などを加味した総合的なバランスが、
必要です。それには、体から自律神経を整える当院の整体がお役に立てる。と感じています。

 調子が悪いとき常にじゃないけどめまいや立ちくらみが頻繁にある方。
 「気分が悪い」という事が頻繁に起こる方。 しんどい日が続く方。
 低血圧と言われてるけど対処が良く分からず度々体調を崩しておられる方。

低血圧などの血圧の不調でしんどさを感じておられる方は、
総合的なバランスを取る意識。その事で期待できるものは正常な血圧コントロールです。

血圧のコントロールは、自律神経がやっているので、低血圧でお困りの方は、
以下の内容を十分に踏まえた上で、対処をする必要があると当整体院は考えています。

血圧、自律神経の関連を見る「ポリヴェーガル理論」

 
ポリヴェーガル理論
 
此方の高血圧のページの後半でもポリベイガル理論を取り上げましたが、ここでも説明をします。
ポリヴェーガル理論では、迷走神経(脳神経の中で唯一腹部にまで到達している体内で重要な神経)
は二重の働きがあり、自律神経は刺激(ストレス)の強さによって3段階に働くとされています。
迷走神経とは、主に副交感神経線維なので、それを踏まえて副交感神経という言葉を含める
とすると、3段階の働きをこのように表すことができます。
自律神経の反応|生駒市の整体院
この事から解るのは、我々は弱い刺激に対しては副交感神経で対応し、それより強い刺激には、
交感神経で対応し、更にそれより強い刺激には副交感神経で対応する仕組みになっています。
刺激の度合いをグラフにするとこのようになります。
自律神経と刺激の関係|生駒市の整体院
X・Y・Zがそれぞれの刺激の大きさです。例えば、Xは、よそ見をして歩いていてたまたま
他人と肩がぶつかってしまった刺激。正常ならば副交感神経で対応すると思います。
Yは、念願の大学合格が決まった時の刺激、家族と将来の事で喧嘩になった時の刺激などは、
交感神経で対応するでしょう。Zは、親友や家族が事故で亡くなった刺激。正常ならば、
興奮を飛び越えて呆然と副交感神経で対応します。

「ポリヴェーガル理論」から見た低血圧の人の反応傾向

しかし、比較的、低血圧の方の中には次第に副交感神経での対応枠が増える傾向にあります。
グラフにするとこのようになる傾向があります。
自律神経と低血圧・刺激の関係|生駒市の整体院
本来は、交感神経で対応するようなYの刺激に対しても、交感神経のエリアを突き抜けてしまい
副交感神経で対応してしまう。また、上の点線ラインを基準に交感神経の幅が狭くなるケースも
ある。さらに過剰になると交感神経で対応する幅自体が全体的に降下してくる事があります。
必ずしも低血圧に比例して起こる作用ではありませんがこのような「副交感神経型」の人は、
比較的、血圧が上がり切れない傾向にあります。

副交感神経型の人の「主な身体反応」

副交感神経の割合が多くなりやすい副交感神経型となる人は、
このような反応が考えられます。

・筋トーヌス(筋肉の緊張)の低下
  筋骨格系が支えられず歪みが起きやすい。
  神経伝達が悪くなるための感覚低下。なので気づきが起きない。力が入らない。
  筋トーヌスとは、筋肉の緊張です。正常な場合、力を抜いている状態でも多少の
  筋肉の張り(緊張)は残るものです。それが副交感神経型の人は低下する。

・交感神経系のホルモンの低下
  副腎髄質(ふくじんずいしつ)内のアドレナリン低下による低血圧・
  起立性低血圧・起立性調整障害。

  副腎皮質(ひしつ)内の糖質コルチコイドの低下による低血糖・炎症が治まりにくい。
  電解質コルチコイドの低下によるナトリウム濃度の低下=低血圧=カリウム濃度の上昇=
  コリン作動系神経伝達の低下=瞳孔括約筋低下、、で光が必要以上に眩しく感じる。
  コルチゾール全般の低下による免疫力低下、アレルギー率の上昇。

・甲状腺では甲状腺ホルモン低下による全身の細胞の基礎代謝の低下。痩せにくい。
・膵臓(すいぞう)ではグルカゴンの低下による血糖値低下。

・交感神経領域が狭いと「戦うか逃げるか」という能力が低下する
  自分や大切な人を守ることができない。自己否定・自己犠牲につながる。
  戦うか逃げるかの判断ができない。優柔不断。
  怒りは感じなくなり悲しみばかりを感じる。

この反応がプラスに働くと、、 
 オキシトシンが増え、幸せを感じやすい。
 共感力が付き人に信用され、他人は信じられるものと考える性善説が付く。
 無用な争いは避け話し合いで解決できるため、得るものは多く失うものは少ない。

マイナスに働くと、、 
 他人の評価を気にしすぎて「いい人」になろうとして自己犠牲が生まれる。
 自分の大切な人にも犠牲を強要し周りからよく思われようとする。
(例;我が子が悪くなくても他人のミスを我が子のせいにして他人をかばおうとする)
 問題の直面化をすることができない。他人にもさせることができない。

という事が考えられます。
このような副交感神経型のマイナスな状態を作りにくくする為に、
自律神経を整えて行く必要がありますが、主にこのような対策が考えられます。

副交感神経型の人が、「自律神経を整える為の主な対策」

 
・十分な休息のあと、筋肉運動を多く行い大きな声を出す。
・自分の意見を言う。自分の感情を表現する(悲しみも含めて)。
・情ではなく事実を明確にする。・自分と他人は違うと境界線を引く。

筋肉運動と声はストレスの発散解消になり、自分の意見を言ったり感情を表現する事で、
さらに無意識のストレスが発散され交感神経が出やすくなり、自分と他人の境界を引く事で
情に流され過ぎず、それぞれの問題を明確化し、冷静に取り組むことができると考えられます。

食事(栄養面)においては、フルーツ(水分)が中心の食事を摂る方も居られますが、
それでは、なかなか立つ時に交感神経を上げて、血管を収縮させる力が得られないので、
お心当たりのある方は、普段より少しカリウム(塩分)を多めに摂るようにしてください。
 
ストレス度合においては、日頃から感情を表現しきれていない人は、交感神経を優位に、
するのが苦手な人である可能性が高いです。お心当たりが無くても、低血圧による
立ちくらみが何度か起きている人は、大袈裟に感情を表してみたり、迷惑が無い所で、
大きな声で叫んでみる。と言った交感神経を上げる取り組みをお奨めします。

低血圧と自律神経の反応は、必ずしも比例していくとは限りませんが、
ご自身が当てはまる症状があるのだとしたら、交感神経を上げていく上記の対策を
意識してみてはいかがでしょうか?

極端に意識を続けると、中には行き過ぎてしまう方もおられるので、
よろしければ、合わせて此方の高血圧のページもご覧ください。

低血圧だけど副交感神経が優位にあると感じない方、よくイライラもするし、
どちらかといえば交感神経が優位にあると感じる方は、高血圧のページを、より参考に
してください。その状態は、体の反応と心の反応が、一般的に比べると逆に動いている状態。
体と心の距離が長めに離れた状態。あるいは、補正作用が過度に働いている状態であり、
より体から自律神経を整える価値のある状態だと言えるでしょう。
より良い暮らしができますように、少しでもお力になれれば幸いです。

・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
これからの事を考えて体から自律神経を整えていく整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地

その他、低血圧が気になる人のお役立ち情報。

低血圧が気になる方へ。よろしければ、以下のページも参考にされてください。
(※ブルーの文字をクリックすると、各専門ページに移動します。)

 当院の特徴
はじめての方へ ・心を患ったご本人さまへ ・そのご家族さまへ
説明しにくい不調がある方へ ・改善を望む皆様へ ・当院のルール ・当院で良くなる人
心身のカウンセリング ・堀江整体で適応の心身症状 ・堀江整体で適応の身体症状 
ご予約方法~施術の流れ~
 自律神経を整えるポイント
自律神経を整える7つの習慣 ・食事で気を付けるべき6点 ・質の良い睡眠方法
適度な運動 ・言葉の大切さ ・高血圧の対処法 ・起立性低血圧の対処法
 「うつ」から元気になるために
背景を知る ・種類を知る ・考え方を知る ・行動を知る ・問題を軽くする
 見て解る対策動画
ふわふわめまいの改善法 ・体から心を落ち着ける方法 ・今すぐ腰痛を治したい方の対処法
日常の腰痛対策動作 ・油断しがちな腰痛対策動作 ・肩こり、四十肩、五十肩ケア
 心のしんどさを無くすポイント
うまくいく「感情」と「思考」 ・「心のコンプレックス」の外し方 ・「本当の自分」 
「心が楽になる」欲求の満たし方 ・「反発する欲求」の満たし方 
「執着」をすてればうまくいく
 体のダルさを無くすポイント
「痛み」と「凝り」の捉え方 ・「姿勢」と「歪み」の事実 ・「冷え性」の対策
「ムクミ」の対処法 ・「産後ケア」の手助け ・「生活習慣病・ダイエット
「健康・美容」への取り組み方
 気になるストレス症状の改善法
呼吸が浅く感じる方 ・偏頭痛でお悩みの方 ・喉の詰まりが気になる方
日常の光が眩しく感じる方 ・今の不安を少なくしたい方
モヤモヤの整理を付けたい方 ・突発的な症状でお困りの方
無気力でお悩みの方 ・常に緊張が取れない方 ・猫背が気になる方
他人を気にし過ぎてしまう方 ・伝えたい人に伝わらないと感じてしまう方
優柔不断?でお困りの方へ ・情緒不安定の理由を知りたい方へ
イライラさせる人でお困りの方へ ・どこまでが病気か気になっている方へ
施術後まだ痛いと感じる方へ ・つい言い訳を多用してしまう方へ(感情の選択) 
副腎疲労を疑っている方へ ・当院に気を遣い過ぎてしまう方へ ・不定愁訴が気になる方へ
意識から心を落ち着ける方法 ・なかなか症状が改善しないと感じる方へ
提供:奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ(りらくうぇーぶ)」
料金メニュー ・地図(アクセス) ・大切な質問 ・患者さんの声 ・院長プロフィール

生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地