自律神経と産後、生理、不妊治療、

 
女性特有の負担を、

解消します。
 

自律神経と産後の骨盤矯正について

■ 自律神経と産後の骨盤矯正

産後は、心体の負担が大きい

 
・妊娠中の腰の負担
妊娠中は胎児がお腹に居ることで自然と腰椎か反り、
腰にかかる負担が増え続けます。ここですでに腰痛になる人も多いです。

 
・出産時の骨盤の負担
出産時、産道を確保するため恥骨結合部が開き、
それに応じて骨盤が大きく動くので骨盤のダメージも大きいです。

 
・産後の育児の負担。
産後数ヶ月は、出産時に骨盤を大きく開くために
リラキシンというホルモンが分泌されたおかげで全身の靭帯が緩みやすい状態です。

 
出産という大仕事を終えた後、
休む間もなく育児が待っています。

 
そのような全身が緩みやすい状態で、
中腰が続く育児、不安と楽しみがある育児をするのですから症状が出て当然です。

《産後の歪んだ骨盤からくる主な症状》
スタイルの低下、腰痛、恥骨痛、尿漏れ、股関節痛、膝痛、腱鞘炎、肩こり、
首痛、倦怠感、頭痛、イライラ、不安、産後うつ、育児ノイローゼ、自律神経失調症、

 
これらの症状を無くす為、
出産で大きく動いた骨盤を元の位置に、
もしくはそれ以上の適切な位置に戻す為に、産後の骨盤矯正はお奨めします。

そして、産後うつ、育児ノイローゼにならないように、
自律神経も調整していきましょう。
 

《産後の骨盤矯正の時期について》

一般的な理想として、産後二ヶ月から半年の間が良いとされてますが、
産後二ヶ月というのはあくまでも目安で、
出産での疲労を引きずっていたり傷口が心配だったり、
ダメージが大きい人でも安心して施術を受けられる目安です。

理楽ウェーブでは、個人の判断により産後二ヶ月未満でも対応致します。
細心の注意を払い、状態をみながら施術をします。

また産後半年を過ぎたからと言って諦める必要もありません。
ついた歪みは早めに取っておいた方が早くラクになれるということです。

 お子さまのためにも、ご自身のためにも、できればお一人でご来院ください。

 

自律神経と生理について

■自律神経と生理

骨盤の歪みとホルモンバランスを整える
 
 
子宮は骨盤に覆われていますので、骨盤が歪んだ状態のままだと、
子宮が圧迫され、生理痛もひどくなります。

生理痛、生理不順を軽減するため、
堀江整体では、骨盤矯正、自律神経の調整、ホルモンバランスを整えます。

《生理と骨盤の開閉について》
 
女性は、生理の時に骨盤が開き、終われば閉まります。
 
このことから生理中は副交感神経が優位になり骨盤が開いた状態なので、
激しい運動はせず、興奮状態にはならず、
ゆっくりとした休息時間として過ごしてください。

生理中の過ごし方にムリがないと、
次の生理の負担、生理痛なども少なくなります。

 
そして、生理痛、生理不順を軽減するには、
このようなバランスを崩さない過ごし方(生活習慣の見直し)も必要です。

 

自律神経と不妊治療について

■自律神経と不妊治療

日本においての不妊治療は国のバックアップが少ないのが現状です。
確約されたゴールはなく、可能性にかけて行動するしかない体力のいる事です。

クリニックでは不妊治療の一環として、女性ホルモンを優位にする為に、
無理やり副交感神経が優位になる薬を飲まなければならない場合もあります。

自律神経を半ば強引にコントロールする事の違和感、
妊娠するか先が不安な精神状態になります。

妊娠の確率を上げるため、
先の不安にも勝てる精神状態を作り出すため、
心体を整え、血流を促し、自律神経を調整する堀江整体は、
妊活に有効だと実感しております。

まずは、気持ちをラクに持つところからはじめましょう。
 

 
女性特有の負担も、堀江整体で解消できます。

 
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ