顎関節症でお困りの方へ|生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」

 
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」から

「顎関節症(がくかんせつしょう)」でお困りの方へ
 
 
顎関節(がくかんせつ)、顎(あご)の違和感、強張り、食いしばり、などで疲れが取れない
という方へ、生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」がお伝えしたい事があります。

当院の調整を受けると必ずしも100%顎関節症が治るという訳ではありませんが、当院で、
顎を調整する事で改善が見込める要因や、当院が調整するポイント、顎関節と自律神経の
関係について書いていきます。顎関節の違和感や疲労が続く方は、是非ご覧ください。

               生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

このような顎関節症の違和感でお困りではないですか?

 口が開けにくい。顎関節症と言われた事がある。
 顎がだるい。開けるときにカクンと少し衝撃がある。
 噛みしめ・食いしばりが無意識の内であるらしく起きると顎がしんどい。
 肩こり・頭痛・疲れ目など連動して顎に違和感を感じる時がある。
 以前に比べて口周りの歪みやたるみが気になる。

このような状態は顎関節(がくかんせつ)の歪みが考えられます。
場合によってはお医者さんで顎関節症と言われた方も居られるかも知れませんね。

奈良県の自律神経専門整体院の顎関節画像1
骨盤と同じで顎関節の歪みは、様々な多角的に方向が考えられます。
ズレるというと上の写真のように横方向を思い浮かべる事が多いかと思いますが、
実際には、上下・前後・回旋を伴う上下・回旋を伴う前後・それらの複合・などがあります。

そして、頭の他の骨にも影響が出ますので注意が必要です。
上の画面右側の頭蓋骨は、向かって顎(アゴ)が中心より右にズレているばかりか、
よく見ると、鼻筋の中心も右にズレており、反対の左の眼(頭蓋骨の右目)の位置が下に
さがっているのがお分かりになるかと思います。顎の歪みが長引くと顔全体に影響を及ぼします。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、
口を開閉する際に、咀嚼筋(そしゃくきん:顎を動かす筋肉)に痛みや違和感を
感じる機能障害、または、顎関節の痛みや雑音を伴う可動制限の総称。
と、位置づけられています。

病院や歯医者さんでの顎関節症の主な治療法

 
スプリント療法、運動療法、外科的手術
 
スプリント療法とは、歯列を覆う器具を装着し、顎関節への筋肉と歯の負担を軽減する
ものです。簡単に言うとマウスピースですね。スプリント療法は、顎関節の負担を軽減する
ので軽度な顎関節症には効果的ですが、全てをカバーできる調整とは言えません。

次に運動療法ですが、これは自宅でも出来る顎を均等に使う運動です。咀嚼筋を均等に
使う運動を取り入れる事でバランスを取る療法です。個人差により運動量は異なりますが、
比較的、安全で安価なのでまず取り組むべき療法ではないでしょうか。当整体院も、
取り入れている療法です。

最後に外科的手術ですが、これには慎重な判断が必要です。噛み合わせの為に歯を削る
といった行為も後戻りはできませんので、歯の矯正や顎を削る手術は、事前に十分に、
考慮する必要があります。

※最近では、噛み合わせの為に歯を削って欲しいという人も増えているようですが、
 良識のある歯医者さんはそう簡単に削りません。今後の影響を慎重に考えているからです。

生駒市の当整体院の顎関節症のケアとは、

 
運動療法にプラスして、
各筋肉と骨格のバランスを調整します。

 
生駒市の当整体院では、顎関節症を手技により全身のバランスを調整致します。

顎関節症、あるいは、顎の違和感を訴えている方の多くは、
顎を動かす筋肉である「咀嚼筋(そしゃくきん)」の歪みや過緊張が関係しています。

顎関節の動きに関係のある「咀嚼筋(そしゃくきん)」とは、

 
咀嚼筋(そしゃくきん)は4種類あります。
 

1、咬筋(こうきん)
  ほっぺたの骨(頬骨)から、顎の骨(下顎角)に付いている筋肉です
 
2、側頭筋(そくとうきん)
  頭の側頭全体(側頭部)から、顎の骨(筋突起)に付いている筋肉です
 
3、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)
  蝶形骨(ちょうけいこつ)と言われる頭の中心にある骨から、
  顎の骨(下顎角の裏側)に付いている筋肉です
 
4、外側翼突筋(がいそくよくとつきん)
  蝶形骨(ちょうけいこつ)と言われる頭の中心にある骨から、
  顎の骨(関節円板・顎関節)に付いている筋肉です
 
※それぞれ付着している場所が複雑なので、説明を簡略化しています

これらの4種類の筋肉が左右で1つずつあり、
合計8つの筋肉で、我々は咀嚼しているという事になります。
次に、大体のイメージを掴んで頂く為に、簡単なイラストをご覧ください。

簡単なイラストで見る「咀嚼筋群(そしゃくきんぐん)」

顎関節(アゴ)を動かす咀嚼筋群は、以下のように付着しています。
(2、の側頭筋の画像は、付着部を分かりやすくする為、頬骨を外して撮影しています。)
生駒市の自律神経専門整体院の顎関節咀嚼筋群
1、咬筋と2、側頭筋と3、内側翼突筋は、口を閉じる時に活躍し、4、外側翼突筋は、
口を開けるとき顎関節を前に押し出す時に活躍します。
奈良県の自律神経専門整体院の顎関節の説明
通常は、指を縦2本~3本ほど口を開く過程で、外側翼突筋の働きにより、
関節円板・顎関節が前方へ移動して、大きな口を開けるのが可能になります。
(口を開けるときの軸は、途中で左右同時に顎関節からその少し下に移動するのが通常)

イメージが湧きにくいかもしれませんが、
このように顎を動かすのに左右で8つの筋肉が使われています。(厳密には他にも存在します)
歯が欠ける程の力がでるのも納得のいく所ですし、片方で4つもある筋肉が、
左右同時に、同じ動きが出来ないと左右差が出て顎(アゴ)の開く軌道が
変わってしまうので、非常に繊細な部分であると言えるでしょう。

当整体院では、顎関節症の改善にこれら8つの筋肉を調整いたします。

他にも、顎関節症を改善する為に当院がケアする所。
 
これまでに、首や骨盤や足首などの調整をしても顎の痛みや違和感が継続する
と言った理由の1つに、口腔内の筋肉の緊張が考えられます。
 
翼突下顎縫線(よくとつかがくほうせん)という口の中にある靭帯や、
顎二腹筋(がくにふくきん)、顎舌骨筋(がくぜっこつきん)など、
下顎のたるみなどにも関係する筋肉が、顎関節症に関係している場合があります。
それによって、唯一関節に面していない骨、舌骨(ぜっこつ)の位置が歪み、
滑舌がわるくなったり、二重顎になりやすくなったりします。これらを改善する為に、
当整体院では、場合によっては口腔内の施術も行います。

そして、顎関節症は、頚椎(首の骨)の歪み、延いては背骨の歪み、骨盤の歪み、
足元の歪みが関係してきますので、当整体院では、顎関節症は全身の調整をいたします。

顎関節は、
骨盤と同じく誰でも多少の歪みはあって当然ですが、歪みが大きくなると、
顎の痛みや違和感に発展し、その状態が続く事で、自律神経が乱れやすくなります。

顎関節症と自律神経の関係性について、

 
無意識の抑圧・過緊張
 
顎関節症の痛みや違和感の多くは、無意識の噛みしめや食いしばり、歯ぎしり、顎の強張り
などがあると考えられます。それらが起こる原因の1つに、「無意識の感情の抑圧」がある。と、
考えられます。深層心理的には、本来なら、他人(外)に向かって表現(攻撃)したいのですが、
何らかの理由でそれが出来ないので、その矛先を、自分(内)に変えてしまう事があります。
その自分に攻撃をする手段として、噛みしめや食いしばり、歯ぎしり、顎の強張りなどが、
寝ている間などその他、無意識のうちに発生していると考えられます。

この事から、顎関節症の痛みや違和感が継続してある方は、
ストレスが溜まりやすいタイプ「自律神経を乱しやすい傾向にある」と言ってもよいでしょう。

以上を踏まえた対策として、
生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」では、
上記の咀嚼筋群が上手く可働する為に、それぞれを調整致します。
そして、無意識で起こる食いしばりなどに対して、全身の調整、
「自律神経を整える整体」を行い、顎関節症の不調の改善を目指します。

より良い暮らしができますように少しでもお役に立てれば幸いです。

・顎関節を含む気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
顎関節症の改善にも強い整体院です。
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地