うつ病のお役立ち情報・考え方編|生駒市の自律神経専門整体院

 
うつ病、改善の為のお役立ち情報
 
・考え方編
 
 
ご覧頂き有難うございます。このページをご覧になられてるということは、
「うつ」に対して、何とかしたいというお気持ちが、強い皆さまだと思います。
皆さまのお気持ちに応えられるよう書き進めて参ります。

繰り返しになりますが、
どうぞ、休憩を挟みながら、ご覧くださいませ。

「うつ病、改善の為のお役立ち情報」としては、全5ページ御座います。
このページは3ページ目として、以下の内容の順にお伝えします。

このページの目次

・うつ病から元気になるために、
・うつ病を、種類から考える
・うつ病の主な特徴
・メランコリー型にお勧めの考え方
・非定型うつ病にお勧めの考え方
・うつから元気になる為の7つの発想
・考え方が合わない方へ
・うつから抜け出すのに最も重要な事

以上の順でお伝えします。
できるだけ、ゆっくりとご覧ください。

                生駒市の自律神経専門整体院 理楽ウェーブ 院長  堀江

うつ病から元気になるために、

 
まずは、休息を意識しましょう。
 
読み疲れていませんか?一度、頭をカラにしましょう。
何も考えない時間を作って、ゆっくり深呼吸をして、気持ちを落ち着かせましょう。

・うつ病対策の呼吸法

呼吸は、無意識に浅くなってしまう事があります。

焦らなくて大丈夫。むせないように落ち着いて。徐々に下腹(丹田)を意識するように、
息を下腹まで入れて行きましょう。それだけの意識で何も考えない。心を無にします。

shinkokyu_woman

 
いきなり出来なくても大丈夫です。

まずは少しでも、酸素が多く入れば成功です。
 
 
雑念や心配や不安が少しも減らない方は、少し体を動かして再度試してください。
深呼吸ができなくて、落ち着きが全く取り戻せないという方は、
一旦休憩をして、ゆっくり読み進めて下さい。

うつ病を、種類から考える

 
うつ病から元気になる為に「種類から考える」
 
 
ここでは、うつ病で悩み苦しんでおられる方々に、少しでも元気になって頂くために、
前のページで、うつ病の種類について、理解を深めて頂いた事を踏まえて、今度は、
うつの種類から、特徴を見て、そのそれぞれの「お勧めな考え方」について、
お話ししたいと思います。

もちろん、うつ病には、
個人によって様々な心情や状態がありますので、絶対的な対策という訳では御座いませんが、
あなたの問題把握の手がかり、もしくは、何か心が軽くなるヒントがあればと思います。

うつ病の主な特徴

 
うつ病の特徴は大きく2つに分類できます。
 
うつ病の種類|生駒市の自律神経専門整体院

この違いは、メランコリー親和型が、基本的にずっと気持ちが沈んだ状態にあり、
非定型が、気持ちの動揺が激しく浮き沈みを繰り返している。という点にあります。

その違いを、おおきな性格で分けると、

・メランコリー親和型

頑張り屋さん。頑固者。生真面目。責任感の強い人。焦りやすい人。
 
 
・非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型うつ病)

お人好し。甘えた。いい人でいたい人。意志の弱い人。緊張しやすい人。

これらを踏まえて、
それぞれを意識した「考え方」についてやっていきましょう。
 
 
上記の分類は、
絶対的なものではないですので、自分がどちらの部類に入るか分からない方や、
この分類にそぐわないと感じる方は、まずは直感的にやりやすい考え方から参考にして下さい。
 
 
それでは、

・メランコリー親和型には、3点で考える
・非定型(新型うつ病)には、チャンクアップ チャンクダウン
・うつから元気になる為の7つの発想

を、順にご紹介します。

・メランコリー親和型うつ病の方にお勧め「3点で考える」

 
3点で考える
 
メランコリー親和型うつ病の人は、頑固な方が多いです。責任感もあるし、
調子の良い時は機転も効きますが、様々なストレスが重なるとどうしても視野が
狭くなります。ですので、このように考えるクセをつけてみて下さい。
 

自分の主観である考え、客観的な考え、そしてもう1つ第三の天から見た考えを、
想像してみると、また視野が復活し、冷静な考えにたどり着きやすいです。

「自分はこう思うけど、他人から見たらどう映るかな?
 これが天から見たらどう見えるかな?」

これは他人の目ばかりを気にするという事ではなく、
いい意味で違う目線に立って冷静に考えるという方法です。
ここでは第三の視点を「お天道さま」としていますが宗教的な意味はありません。

自分にとっては物凄い重要で大きな出来事も、お天道さまから見れば小さい出来事になるでしょう。
楽しい事は主観優先で考えて、辛いことは第三の視点を優先して考えると、より楽しく、
より冷静で居られます。焦りやすい人、メランコリー親和型うつ病の方にお勧めな考え方です。

3点の考え方が難しく感じる方は、、

 
2点で考える。

主観と客観の2点だけ意識してください。主観視と客観視の割合は人の性格によって、
必ずどちらかに偏っています。このバランスを工夫することで、ある程度、
自分の感情がコントロールできます。

例えば、
映画館で映画を観ている時に客観視してしまうと、、

今、何時にどこどこの映画館のこの席で映画を観ている自分がいる。という
客観視をすると、スムーズに映画の内容に入っていけませんよね。客観視では、
感情移入がしずらくて映画を楽しめない。。我々は、映画の世界に入るつもりで、
映画を「主観」で観るから感動できますよね。


逆に、
辛い事を主観で捉えすぎると、必要以上に辛く苦しくなります。
辛い物事を捉える時には、出来るだけ「客観視」するように努めます。

「こんな事があって、あんな事もあって、、あぁ~~!!ムリ!」となるよりも、
「こんな事とあんな事が重なると、しんどく感じる自分が居るんだな。」と、
客観的に捉えると、主観的に捉えるよりも、辛い感情が和らぎます。
 
 
まずは、
楽しい事は主観で捉えて、辛いことは客観で捉える意識をしてみましょう。
それが上手くいかない場合は、何故、主観と客観の調整がうまくいかないのかを
一緒に当院で探っていきましょう。

・非定型うつ病の方にお勧め「チャンクアップ チャンクダウン」

 
チャンクアップ チャンクダウン
 
非定型うつ病(新型うつ病)の人は、優しすぎるあまり優柔不断だったり、
社交的に振る舞えるが、実は我が強くその差で疲れたり、考えが行き詰ったり、
二転三転して、結局まとまらない事が多いです。ですので、それを解消する為に、
「チャンクを変える」という意識が必要になります。

チャンクとは、1つの情報のまとまりです。
1つの情報のまとまり中に、自分のしっくりくる答えが見つからなかった場合、
他の情報のまとまりから、その答えやヒントになるものを掴んでくる。
それを基に、もともと解消したかった問題の解消を図る。
ということが、チャンクアップ チャンクダウンです。


例えば、
夫婦喧嘩をしたとします。喧嘩の原因はお互いの言い分があるとします。
そこで言い争っていても一向に平行線のまま。互いに一歩も譲ることの出来ないような
問題があったとします。このレベルでいくら意見交換をしてもラチがあかない。
なので、ひとまずこの問題は置いといて、ここより1つ上のチャンクで話し合います。
そこでも共通の和解策がなかったら、話を更に上のチャンクに上げて話し合います。
そうしていくと、どこかのチャンクで共通部分が見えてきます。


具体的には、
家事の役割分担でどうしてもお互いが納得できない部分があったとします。
ステージを上げて(チャンクアップ)話し合って、お互い離婚はしたくないという
共通点が確認できれば、それを大切に持ってステージを順に下りていく(チャンクダウン)
と、お互い友好的に話し合いができ解決が早まります。

これを、様々なケースに当てはめてみてください。
自在にチャンクアップ・チャンクダウンが出来ると、
様々な出来事の整理がつきやすくなります。
 
 
うつでしんどい方が、
当院に来るには、このような考え方が出来ます。


うつとは自分だけで解決ができません。でも何とかしたい。
調べていく内に、うつには自律神経の調整が関係があると分かった。
それをうまく調整できる所は、、生駒市の「理楽ウェーブ」にあると分かった。
この理楽ウェーブで、自律神経を整え、うつが楽になるのでは。という考え方です。
 
 
チャンクアップ チャンクダウンは、頭の整理が付けにくい人、
非定型うつ病(新型うつ病・ディスチアミ親和型)の方にお勧めな考え方です。

・うつから元気になる為の7つの発想

そして、余裕ができたら、このような発想を当てはめてみて下さい。

1、一人で問題を抱え込まない
何でも一人で解決するクセを付けないで下さい。今あなたが苦しんでいる問題は、
問題が解決しなくとも信頼の置ける人に打ち明けるだけで気持ちが軽くなります。
そして、必ず世間のどこかで乗り越えてきた人がいるはずです。
焦る必要はありません。ゆっくり手ががりを集めて行きましょう。
 
 
2、自分でどうにもならない問題で悩まない
できないことで悩まないで下さい。自力で空を飛びたいって無理ですよね。
無理なものは無理です。極端な例ですが何事にも切り替えが必要です。
 
 
3、問題に背を向けない
出来ないから、怖いから、苦手だからと、問題から逃げているだけでは、
改善の糸口が見つかりません。冷静になったら徐々に問題と向き合いましょう。
その辺の改善は、ご本人さんの気持ちを尊重してお手伝いさせて頂きます。
 
 
4、変化を恐れない
今の状態が更に悪化してしまうのではないか。これが変わると不安で落ち着かない。
もしかしたら、何かにしがみつくような執着が改善を妨げているかもしれません。
改善の過程では現状から良くも悪くも変化します。逆に変化をしないと、
状態は一向に改善していきません。創造の為の破壊も必要かもしれません。
 
 
5、問題解決を焦らない
早くこの状況から抜け出したいのはよく解ります。ですが、
良い意味でそのような執着も手放して行きましょう。
急がば回れです。徐々に根本を捉えて外堀からしっかり着実に固めていきましょう。
 
 
6、頑張りすぎない
世間ではあなたよりかなり手を抜いてのほほんと暮らしてる人が沢山います。
人と比べる訳ではないですが、心も体も休暇・休息は必要です。休む時は休んで下さい。
 
 
7、全員に好かれようとしない
どんな国民的アイドルでも好きな人もいれば嫌いな人もいます。
あなたの周り全員に好かれようとするのは不自然です。
僕は何人かに嫌われていますが、それで良いと思っています。
あなたのはっきりした態度が周りに安心を与え、改善を早めます。

 
 
以上の事をご自身で心に落とし込めれば何よりです。
多分、うつの方は、頭では解っていてもどれかが苦手だと思います。
その辺りの苦手な分野は、当院がサポートさせて頂きます。一緒に変えていきましょう。

これらの考え方や、7つの発想が合わない方へ

 
正解は、あなたの中にあります。
 
もちろん、「今は何も考えたくない。」「考えることがしんどい。」
と思われている方は無理に考える必要はありません。自分は新型うつ病タイプだけど、
3点で考える方がしっくりくるという方はそうして下さい。逆もまた同じ事が言えます。
出来る人は、両方の考え方を合わせるのも良いです。これは確率的に、

メランコリー(親和)型うつ病が、「3点で考える」
非定型うつ病(新型うつ病)が、「チャンクアップ・チャンクダウン」

から考えていった方がスムーズに頭の中が整理できるという事ですので、
少しでも元気になる為に参考にして頂いて、少しでも気持ちが楽になって頂ければ幸いです。

うつから抜け出すのに最も重要な事。

 
「意志」と「愛」
 
意志とは、自分で良くしようと思う気持ちです。自律神経で言うと交感神経の部分に当たります。
書いたり口に出したりする事でこの意志はより高まります。愛とは、自分を愛すること。自分の
好きな所を箇条書きにしてみると愛が再確認でき深まります。自律神経で言うと副交感神経の部分
が愛に当たります。この意志と愛の2つがないと何か重要な問題には取り組めません。

言い換えれば、うつなどの重要な問題に取り組むには、
交感神経ベースの「意志」と副交感神経ベースの「愛」がバランス良く両方必要になります。

自分が嫌いという方は、何処かで抑圧があると考えられるので、
感情を解放してやる必要があります。当整体院のHPがそのキッカケとなれば幸いです。
 
 
 次に「うつ病改善のお役立ち情報」として、
 行動について、ご興味のある方は、コチラをクリックください。
 

人生は色々な場面でつまずき、挫折し、成長します。
堀江整体でその段階をスムーズに乗り越えられるお手伝いをさせて頂きます。
当院は、奈良県生駒市で、
体から自律神経を整える整体と、心身のカウンセリングで、
心身の不調を整えるサポートをさせて頂いています。

(それぞれの詳細は、各ブルーの文字をクリックください。)
 
 
当院のご予約方法や、
自律神経を整える施術の流れについては、コチラをクリックください。

 
・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門整体院「理楽ウェーブ」
自律神経を整えて「うつ病」からの根本改善を目指す整体院です。
生駒市の自律神経専門整体院・理楽ウェーブ
生駒市の整体サロン理楽ウェーブ

 

奈良県生駒市東生駒の自律神経専門の整体院/理楽ウェーブの所在地